バリア機能が低下した肌にうるおいを与える
2020年9月21日(月)、資生堂は、同社が展開する高機能エイジングケアブランド『リバイタル』から、濃密カシミア化粧水「リバイタル ローション III」と「エマルジョン III」、純粋レチノールを配合した「薬用 フェイシャルマスク」を発売する。

同ブランドは、「光ダメージ」に向き合うというコンセプトに基づいて、乾燥やシミ、ハリ不足などのエイジングサインの原因が紫外線にあることに着目。この「光ダメージ」にアプローチして、若々しい肌に導く製品を提供している。

美白&肌あれ防止に有効な成分配合
紫外線によってダメージを受けた肌は、肌のバリア機能が低下しており、乾燥しやすい状態になっている。

そこで、今回発売される「リバイタル ローション III」は、美容成分であるリバイタルアミノ酸を角層深くまで浸透させて、肌を保湿。

さらに、うるおいを長時間ラッピングする技術を搭載して、配合されている美白有効成分4MSKや、肌あれ防止有効成分トラネキサム酸、そのほかの美容成分を肌深くまで浸透するのを助ける。

また、「薬用 フェイシャルマスク」には、薬用有効成分純粋レチノールを配合。肌あれを防ぎながら、肌の水分量を増やして、みずみずしいハリのある肌に導く。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※資生堂のニュースリリース
https://corp.shiseido.com/jp/newsimg/2943_j3z98_jp.pdf