ドキッとさせる「美骨美人」になる7日間プログラム
整骨院の院長が開発したメソッド「M・B・M」により、「美骨美人」になろうという新刊『モテ美骨』が発売された。掲載のプログラムにより、体の内側から美しくなり、ダイエット効果やさまざまな体の不調も改善されるという。

著者はひかり整骨院院長で柔道整復師の溝渕博紀氏であり、新刊には『ドキッとさせる「美骨美人」になる7日間プログラム』という副題がつけられ、四六判で160ページ、1,400円(税別)の価格にて、合同フォレストより発売中である。

代謝アップでダイエット効果も
溝渕博紀氏は、女性の美しさは骨盤から作られていると語る。同氏が開発したメソッド「M・B・M」は、体幹トレーニングと骨盤矯正を行うインナービューティー法で、体の歪みをリセットする。

自宅で簡単にできる7日間のプログラムであり、1つのトレーニングが3分で、3つのメニューを行う。骨版美人を目指せば、ホルモンが活性化し、代謝アップによりダイエット効果が得られ、美脚、美尻、美腰、美しい太ももが獲得できるという。

また、冷え性、むくみ、腰痛、肩こり、頭痛、生理痛を改善する効果も期待できる。新刊では何歳からでもくびれボディを獲得することができ、体の内側から美しくなる方法が紹介されている。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※モテ美骨 - 合同フォレスト株式会社
https://www.godo-forest.co.jp/book/b525519.html