いつでもどこでも手軽に摂れる
雪印メグミルク株式会社は、独自の乳酸菌「ガセリ菌SP株 」をカプセルタイプにして、2020年10月1日(木)より販売する。

「ガセリ菌SP株 カプセル」は、現在同社からヨーグルトシリーズとして販売されているが、サプリメントのように手軽に摂りたいという要望が多かったことから、開発・商品化を実現した。

カプセル3粒で「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」と同じくらいのガセリ菌SP株が含まれている。外出先でも手軽に摂ることができるほか、脂肪は気になるが、ヨーグルトが苦手という人にも最適だ。

気になる脂肪にアプローチする乳酸菌
ガセリ菌SPとは、同社が整腸作用を目的に研究していたもので、内臓脂肪を減らす機能が含まれていることを発見。

ヒト試験でも確認されたことから、「内臓脂肪を減らす」機能性表示食品として「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」を発売し、消費者庁からも特定保健用食品(トクホ)として許可されている。

食事とともに摂取することで、肥満気味の内臓脂肪を減らす効果があると報告を受けている。

同商品は2020年10月1日(木)より、雪印メグミルクダイレクト オンラインショップにて販売を開始する。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※雪印メグミルク株式会社のプレスリリース
https://www.meg-snow.com/news/2020/