肌への刺激を徹底的に排除した植物派クレンジングオイル
メイドインジャパンの『良いもの・確かな技術』をユーザーに届けるというビジョンから生まれたコスメブランド「IYASAKA」から2月1日、「ボタニカルエッセンス クレンジングオイル」が新発売した。

クレンジングオイルはメイク汚れがしっかりと落ちるというメリットがある反面、肌への刺激が気になるという声も多かった。

新たに登場したボタニカルエッセンスクレンジングオイルは、メイク汚れや毛穴の汚れや古くなった角層をきちんと落としながらも、肌への優しさ徹底的に配慮しているのが特徴。“メイク映えする綺麗な素肌”を取り戻すためのクレンジングオイルである。

植物の力でしっかり落として優しくケア
ボタニカルエッセンスクレンジングオイルには、日本産のコメヌカ油をベースに、ツバキオイル(ツバキ種子油)やアルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)など、10種類の高級植物オイルが贅沢に配合されている。

約80%が自然由来のスキンケア成分で構成されており、余分なものを徹底的に排除したシンプルな処方にこだわった。

「コメヌカ油」は保湿効果が高く、「ツバキオイル」には肌と同様の成分であるオレイン酸が多く含まれている。また「アルガンオイル」が毛穴の汚れや角栓、過剰な皮脂をやさしく取り除く。

オレイン酸によって肌にすっと馴染んでメイクや毛穴の汚れ・古い角質を洗浄すると同時に、肌にうるおいや栄養を与え、若々しい素肌へとよみがえらせてくれる自然派クレンジングオイル。

クレンジングオイルは肌への刺激が強いという観念を覆した、敏感肌にもおすすめの新製品。価格は3,850円(税込)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※IYASAKA ボタニカルエッセンスクレンジングオイル
https://iysk.jp/item/iysk-co-120/

※合同会社FIVEONEのプレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/264075