足の汚れと臭い・角質をケア
株式会社グラフィコは、フットケアブランド「フットメジ」から、「薬用 フットソープ F1 フレッシュハーブ」を2021年2月16日(火)に発売する。

同製品は、専用ネットに入れた足用石鹸で足裏を直洗いするだけの簡単フットクレンジングだ。大きさ、硬さの異なる粒(トウモロコシ穂軸粒、アンズ核粒、モモ核粒)を混ぜたトリプルスクラブにより、頑固な古い角質もケア。お風呂で洗うだけでつるつるに洗い上げる。

ホホバオイル配合で保湿効果
また、ケイヒ油、カキタンニンなど14種類のハーブと3種類の植物オイル配合で、消毒と消臭のダブルの効果を実現。有効成分が臭いのもととなる菌を殺菌し、体臭と汗臭を防いでくれる。

さらに、ホホバオイルをはじめとする保湿成分を配合。角質ケアと同時にうるおいを与え、肌を整える。お湯を含ませて軽くなでるだけで簡単に泡立ち、泡のクッションでがさがさかかとにもやさしい使い心地だ。使用中は、フレッシュハーブの香りに癒やされる。

販売価格は、65g入りで、1078円(税込み)。全国のドラッグストア、ECなどで購入できる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※グラフィコニュースリリース
https://www.graphico.co.jp/