先端技術と江戸時代の美容メソッドを融合
ヘルスケア商品の販売事業等を展開する株式会社GEウェルネスは、美容ブランド「EDOBIO(エドビオ)」から独自の乳酸菌発酵酒粕エキスを使用したスキンケアシリーズ第1弾商品を2月25日に発売した。

「EDOBIO」とは、日本古来の植物を使用した美容法を最新のバイオテクノロジーで進化させた、日本発のスキンケアブランド。「EDOBIO」では、酒粕の栄養素(ペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母など)に着目し、エイジングケアへ活用した。

ベースの酒粕は、岐阜県の蔵元「三千盛社」のものを使用。独自処理した酒粕にEDOBIO独自のBiProGE(R)乳酸菌を加えて発酵・培養することで「乳酸菌発酵酒粕エキス」を開発した。

シンプルケアで肌の基礎力を底上げする
今回、「EDOBIO サケターナルシリーズ」として、『ラディアンスブースターマスク(クレイマスク)』『フレッシュバランシングトナー(化粧水)』『インテンシブハイドレーションセラム(美容液)』の3商品を提供する。

『ラディアンスブースターマスク』は、外的ダメージを受けた肌をニュートラルな状態に整える、洗い流すタイプのクレイマスク。クレイが毛穴汚れを吸着し、乳酸菌発酵酒粕エキスが潤いを与え、肌のキメを美しく整えて明るい印象に導く。70g入り、5,500円(税込み)。

『フレッシュバランシングトナー』は、江戸時代から親しまれてきた植物を配合したスプレータイプの化粧水。乳酸菌発酵酒粕エキスにより、もっちりとした肌感と深い潤いが持続する。みずみずしい使用感であり、朝晩のスキンケアに加えて、日中の潤い補給にも使用可能。150ml入りで4,950円(税込み)。

『インテンシブハイドレーションセラム』は、美容成分を凝縮した、2層タイプのマルチケア美容液。エキス層は独自保湿成分の乳酸菌発酵酒粕エキスを高配合し、天然由来の美容成分をブレンドしている。オイル層は、潤いを逃さないボタニカルオイルコンプレックスを配合した。30ml入りで7,700円(税込み)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース 株式会社GEウェルネス
https://www.atpress.ne.jp/news/248175

※EDOBIO 公式サイト
https://edobio.jp/