手軽さと機能性を兼ね備えたUVアイテム
2021年3月11日、株式会社マツモトキヨシホールディングスは、同社のプライベートブランド『matsukiyo』より、ポンプ式の日焼け止め「matsukiyo ポリュバリア UV ジェル」を発売する。

同製品は、グローバルブランド展開の第二弾となる製品で、アジアの強い紫外線や深刻な大気汚染が原因による肌悩みに着目して開発された。

ポンプタイプの容器で、簡単に塗ることができる手軽さと、SPF50+・PA++++という高いUVカット機能を兼ね備えている。

高いUVカット効果に高い美容保湿効果
同製品には、「アルテロモナス発酵エキス」と「オウゴン根エキス」という保湿成分が配合されている。さらに、スーパーヒアルロン酸やグリチルリチン酸ジカリウム、アラントインという美容保湿成分が配合されている。

これらの成分が肌の水分を長時間キープするため、紫外線により、肌が日焼けするのを防ぐだけでなく、乾燥からも守ってくれる。

また、肌に塗ると透明感のある肌を演出してくれるため、メイクをせずにこの一つでも肌をキレイにみせてくれる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社マツモトキヨシホールディングスのニュースリリース
https://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/