2カ月でぽっこりお腹を改善しよう
2022年5月19日、主婦の友社から、新刊『2カ月でぽっこりお腹が改善!内臓脂肪の落とし方』が発売された。著者は栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原 毅氏。

同書では、更年期の女性に多い中性脂肪がもたらす、ぽっこりお腹を改善する方法を紹介。「いすスクワット」や「下腹ドローイン」といった簡単な運動と、「糖質を少しオフする」「食べる順番はお肉ファーストにする」などの食事法によって、2カ月で内臓脂肪をすっきり落としていく。

販売価格は1,485円。Amazon.co.jpなどで販売されている。

血液サラサラを提唱している栗原 毅氏
栗原 毅(くりはら たけし)氏は1951年生まれ。新潟県上越市出身。

1978年に北里大学医学部を卒業後、東京女子医科大学消化器病センター内科に入局。その後、東京女子医科大学青山病院・同成人医学センター 助教授や東京女子医科大学教授、慶應義塾大学大学院教授などを務め、2008年6月に栗原クリニック東京・日本橋を開院する。

著書には『先生、どうしましょう。健診でこんな結果が出たのですが』『先生、どうしましょう。おしえて、健診結果の対策を』『「体重2キロ減」で脱出できる メタボリックシンドローム』などがある。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/dp/4074515601/

※栗原クリニック 東京・日本橋
http://www.k-sarasara.com/index.html