江戸時代の美容法とバイオテクノロジーの組み合わせ
株式会社GEウェルネスは、米ぬかや酒粕などの天然由来素材を使用したスキンケアブランド「EDOBIO(エドビオ)」を立ち上げた。2022年9月17日より、東京駅の新丸ビルに実店舗をオープンしている。

同ブランドは、江戸時代から親しまれてきた米ぬかや酒粕などの素材と美容法、同社独自のバイオテクノロジーを組み合わせた製品を開発している。伝統とテクノロジーを融合させることで、日々変化する地球環境やライフスタイルに合わせた商品を提案する。天然由来で心身にやさしい成分ばかりだ。

肌の健康を追求したウェルネスケア
実店舗では、9月30日よりEDOBIOヘア&ボディケアシリーズ「スムージング シャンプー」「グロッシング コンディショナー」「リニュウイング ボディソープ」を一般販売する。

独自開発の保湿成分やポリフェノールを豊富に含むブルーベリー茎エキスのほか、ゼラニウム、ラベンダー、ローズマリーなどの精油も加えている。地肌の健康を追求したウェルネスケアだ。

店舗はジャパニーズミニマルをコンセプトとし、シンプルで洗練されたインテリアとなっている。

オープン記念キャンペーンとして、3,300円以上の購入で「EDOBIOオリジナルかっさ」をプレゼントするほか、来店者全員にスキンケアの「サケターナルシリーズ」または「ヘア&ボディケアシリーズ」のサンプルをプレゼントしている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社GEウェルネスのプレスリリース
https://ge-hd.co.jp/information/2022/press/1726/

※「EDOBIO」ブランドサイト
https://edobio.jp/