大学生と高校生のお子さまを持つマンガ家、よしだゆうこさん。息子さんたちの大学受験を前にして、セキララな保護者のホンネをマンガでお届けします!

正月を制するものは受験を制す。共通テストを控えたこの時期、休む暇なんてないはずです。

中学受験の時は元日以外は授業(その名もお年玉特訓)があったのですが、通っていた予備校は年末年始ちゃんとお休み。コロナ&受験で帰省はしないので家にいるしかありませんが、その家では、仕事納めしておやつ食べている母、仕事と思ったらアニメ見ている父、10時間以上寝てる弟……環境が大変よろしくない。加えて、ピリッとしないお正月の空気感。長男は……お正月の誘惑に負けておりました。

今思えば自習室など勉強の環境を整えるべきだったと思いますが、なんといっても本人にやる気が無いと成立しません。

脱力の理由はお休みもありますが、実は長男は年内に一校合格していました。
大学生になれることは決まっていたので、安心感と同時に無くなっていく焦燥感。長男の場合は、ギリギリの集中力が発揮できていなかったように思います。

年内に合格を決めて安心して第1志望に挑むか、それとも本番目掛けて突き進むか。いろいろな受験パターンがあると感じた次第です。

プロフィール

よしだゆうこ

マンガ よしだゆうこ

男子母歴もうすぐ20年のイラストレーター、漫画家、グラフィックレコーダー。
マンガでわかるデザイン本「デザイナーじゃないのに!」(ソシム)共著。
「息子が大きくなりまして」(マイナビニュース)連載中。インドアだけど旅行好き。