2022年3月24日、Times Higher Education(THE:ティー・エイチ・イー)は昨年に引き続き、「THE世界大学ランキング日本版2022」をリリースしました。日本版ランキング2022の結果をご紹介します。

この記事のポイント

  • トップは3年連続で東北大学
  • 「日本人学生の留学比率」の項目でコロナ禍の影響に配慮
  • ランキングゾーンごとの特徴は?慶應義塾大学は2年連続のランクアップ!
  • THE世界大学ランキング日本版2022で新しくランクインしたのは埼玉医科大学など4大学
  • THEはパンデミックの中での上位大学の安定ぶりを称賛

トップは3年連続で東北大学

●ランキング対象は国立67校、公立42校、私立164校
●東京大学は2位にランクアップ、大阪大学と東京工業大学が3位タイ
●慶應義塾大学は2年連続ランクアップで私立トップに
●コロナ禍にあっても学生調査の平均スコアが上昇

イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE:ティー・エイチ・イー)」は3月24日、「THE世界大学ランキング日本版2022」のランキング対象となった273大学を発表しました。東北大学が3年連続のトップで、東京大学は前年から順位を1つ上げて2位。大阪大学と東京工業大学が3位タイでした。私立大学の中では、前年から順位を1つ上げて11位の慶應義塾大学がトップに。コロナ禍のなか、学生の成長支援に奮闘する大学の様子もうかがい知れる結果となりました。

*「THE世界大学ランキング日本版」ランキングページはこちら

「日本人学生の留学比率」の項目でコロナ禍の影響に配慮

THEは各大学の強みや個性の明確化と一層の強化を支援する目的で、さまざまな大学ランキングを作成しています。教育力重視の「THE世界大学ランキング日本版」は2017年にスタート。学生の学びの質や成長性に焦点を当て、大学の教学改革やグローバル化の推進に活用してもらおうと、学生調査も取り入れています。受験生や社会に対して、入試難易度以外の大学の価値を示すとともに、日本の大学の多様性を世界に発信するねらいもあります。

6年目となる今回は、273校がランキング対象になりました。これまでと同様、ランキング指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成。それぞれの項目と比重も従来通りですが、コロナ禍の影響で留学の送り出しが困難になったことをふまえ、「国際性」分野の「日本人学生の留学比率」は、前回と同じ2019年度のデータを使用しました(前回、不参加の大学は2020年度のデータを使用)。「教育充実度」のスコアに反映される学生調査は、これまでと同じ設問で実施されています。

ランキングゾーンごとの特徴は?慶應義塾大学は2年連続のランクアップ!

ランキング対象となった大学は国立67校、公立42校、私立164校でした。
以下、ランキングの「トップ10」「11位〜50位」「51位〜201+」の各ゾーンについて概要を見ていきます。

■トップ10

1位の東北大学は「国際性」の順位が6つ上がって9位、国立大学の中ではトップになりました。トップから3位までの差が0.1ポイントずつで拮抗する「教育成果」も3位。「教育充実度」は順位を4つ上げて4位タイ、「教育リソース」は6位でした。高いレベルでバランスの良さを発揮し、3年連続のトップとなりました。

東京大学は「教育リソース」で前年の4位からトップに上がり、総合ランキングで3年ぶりに2位となりました。

3位タイの大阪大学は「国際性」で27位から19位と大きく順位を上げています。3位タイの東京工業大学は、学生や高校教員の声を反映する「教育充実度」が強みで、今回は6位でした。

5位から10位は前年と同じ顔ぶれで、1つ以内の順位の変動にとどまっています。

■11位〜50位

11位の慶應義塾大学は2年連続のランクアップ。

国際基督教大学は総合ランキング(12位)で順位を1つ落としたものの、ここ数年大きく上昇してきた「教育成果」の順位は今回も1つ上げて17位でした。

早稲田大学は4年連続の13位です。

24位の立命館アジア太平洋大学は総合ランキングこそ2つ下げましたが、「国際性」で初のトップに躍り出ました。

総合ランキングの順位を6つ上げた18位の会津大学は、「教育成果」が151〜200位から67位タイと大きく上昇。ほかに順位の上昇幅が目立つのは、横浜市立大学(39位タイ→34位)、信州大学(54位→47位)などです。総合ランキングが6つ下がった大学、10下がった大学が1つずつありますが、全体としては上昇、下降とも小幅な変動にとどまりました。

■51位〜201+

100位内の大学で前年から10ランク以上アップしたのは名古屋市立大学(83位→61位)、獨協大学(98位→83位タイ)、奈良女子大学(97位→83位タイ)、三重大学(101〜110位→88位)です。

THE世界大学ランキング日本版2022で新しくランクインしたのは埼玉医科大学など4大学

今回、新たにランキング対象になったのは151〜200位の埼玉医科大学、いずれも201+の金城学院大学、國學院大學、岡山商科大学の計4校でした。新しくランキング対象となった4大学の、それぞれの特色や取り組みについて紹介します。

新ランクイン大学①埼玉医科大学

埼玉医科大学の特色・取り組みについて紹介します。
埼玉医科大学は151〜200位にランクインしました。「教育リソース」の分野別ランキングでは41位です。

埼玉医科大学は1972年に開学しました。当初から設置されている医学部に加え、2006年には保健医療学部が設置され、これまで多くの医療人を輩出してきました。現在は、毛呂山、日高、川角、川越の4つのキャンパスがあります。

埼玉医科大学では、建学の理念である《師弟同行》の思想のもと、教員と学生間の双方向のコミュニケーションが重視されています。また、医療機関との連携を生かし、早期から実際の医療現場を知る機会が設けられていることも、特色の一つです。「課外学習プログラム」では、高度救命救急センター及びERの救急医療の24時間見学・体験プログラムや、語学力の向上と海外の医療・福祉に関する施設を見学する海外研修などが行われています。

新ランクイン大学②金城学院大学

金城学院大学は、愛知県名古屋市にある女子大学であり、特に「教育充実度」分野のスコアが高かった女子大学です。大学の設立は1949年ですが 、起源となった女学専門冀望館は1889年に開校されており、大学の設立は1949年と、伝統のある学校です。現在は、文学部、生活環境学部、国際情報学部、人間科学部、薬学部、看護学部の6学部制があります。

キリスト教の福音主義に基づき、女性に広く知識を授けるとともに、「強く、優しく。」という教育スローガンのもと、世界の平和に貢献できる女性リーダーを社会に送り出すことを目的とした教育を行っています。また、海外留学、語学研修、留学生の受け入れなどが充実しており、国際交流が盛んです。

新ランクイン大学③國學院大學

國學院大學は、「教育充実度」の分野別ランキングで88位にランクインしています。國學院大學の起源は1882年に創立された「皇典講究所」で、日本の文化や歴史を重んじる伝統のある大学です。1920年に日本で初めて認可された私立大学の一つでもあります。現在は、文学部、神道文化学部、法学部、経済学部、人間開発学部、観光まちづくり学部の6学部を有しています。

グローバル化が進むなか、「異国文化理解にはまず自国文化の理解が必要」と考え、共通教育プログラムとして、日本の文化的伝統や現代の問題について体験やフィールド・スタディを交えながら考えることができる「國學院科目」を設置しています。自国文化を知るだけでなく、「多様性を尊重し、他者を理解する」という点で、グローバル化に向けた取り組みが行われています。

新ランクイン大学④岡山商科大学

岡山商科大学は岡山県岡山市にある大学で、1965年4月に設立されました。特にスコアが高かった分野は「国際性」です。

岡山商科大学は、教育理念として「社会事象を的確に捉え、分析し、解決する能力を備えた心豊かな人材の育成」を掲げ、①理論力、②問題解決力・コミュニケーション能力、③現場力の3段階に分けて社会力の習得を目指す「3段階教育システム」を実施しています。

学部は法学部、経済学部、経営学部の3つ。教育理念に基づき、幅広い学習機会の提供が目標とされ、学生は学部学科の中から、さらに専門的な自分に合ったコースを選択できます。長期、短期共に海外語学研修の選択肢も多くあり、実践的な学びの機会が豊富です。

THEはパンデミックの中での上位大学の安定ぶりを称賛

コロナ禍が長引き大学が困難に向き合い続けるなか、今回のランキングからは日本の大学の《底力》も読み取れます。

「教育充実度」に反映される「学生調査:教員・学生の交流、協働学習の機会」では、多くの項目の平均スコアが、2019年版ランキングでの調査導入以来、継続的に上昇。教員との交流の機会、共同(協働)学習の機会などの平均スコアは前回、初めて下降に転じましたが、今回、再び上昇しました。各大学におけるオンライン授業の導入・改善などの取り組みが、学生満足度の維持・回復につながったとも推測されます。

同じく「教育充実度」に反映される「高校教員の評判調査」では、「グローバル人材育成に力を入れている大学」「生徒の力を伸ばしている大学」を含む、優れた大学として挙げる数が増えた高校が、減った高校や変わらなかった高校を大きく上回りました。大学の取り組みに対する高校の関心が高まり、積極的な記入につながったと考えられます。

THEチーフ・ナレッジ・オフィサーのフィル・ベイティ氏は日本の大学について、「THE世界大学ランキング」と「THEインパクトランキング」に世界で2番目に多くランクインするなど、主要ランキングへの積極的な参加を説明しました。「日本の大学にとって非常に困難なこの時期に、3年連続でトップの座を維持した東北大学は称賛に価する。このような一貫した卓越性の実証は、歓迎されるべきことだ」とコメントしています。

さらに、「東京大学が2位の座を獲得したことが注目されるが、世界的なパンデミックによる社会の混乱にもかかわらず、ランキング上位層がおおむね安定していることは、日本の上位大学の回復力と不屈の精神の証といえる」と称賛しています。

まとめ & 実践 TIPS

2022年3月24日に発表された「THE世界大学ランキング日本版2022」では、東北大学が3年連続の1位に。2位には東京大学、同率3位には大阪大学と東京工業大学がランクインしました。

私立大学のトップは、全体11位の慶應義塾大学。続いて、全体12位の国際基督教大学となりました。また、新たにランクインした大学は、埼玉医科大学などの4大学でした。

長引くコロナ禍で困難な状況が続いているなかでも、積極的に学生の成長支援を行う日本の大学の底力が感じられる結果となりました。


(関連記事)
【THE世界大学ランキング日本版2021】新しくランクインした大学〜国公立編〜
https://benesse.jp/juken/202112/20211204-1.html

【THE世界大学ランキング日本版2021】新しくランクインした大学〜私立編〜
https://benesse.jp/juken/202112/20211208-1.html