「一緒におもちゃを作って遊びたい」「おもちゃを手作りすることでお子さまに喜んでほしい」と考える保護者のかたは多いのではないでしょうか。
今回はそんなかたのために、手作りおもちゃのよいところや安全に作るために気をつけるところなどについてご紹介します。

手作りおもちゃのいいところ!

手作りのおもちゃは家にあるもので簡単に作れます。日用品で作ればおもちゃ代の節約にもなるため助かりますよね。また世界にひとつしかないオリジナルですので、お子さまだけのおもちゃを作ってあげられる点もメリットです。

「喜んでくれるといいな」とワクワクしながら作る保護者のかたも多いと思いますが、そうやって楽しんでおもちゃを作っている姿をお子さまに見せてあげることも大切です。お子さまは保護者のかたのまねをしたがることも多いため、「自分もやりたい!」と一緒におもちゃ作りをやりたがることもあるでしょう。その場合は、指先の使い方を覚えるよい機会にもなりますので、親子で一緒に作るのもよい方法です。
保護者のかたが自分のために心を込めておもちゃを作ってくれたというだけでお子さまは保護者のかたの愛情を感じるでしょう。保護者とお子さまとの関係がよりよいものになるのではないでしょうか。

手作りおもちゃで使用できる日用品

手作りですので家にあるもので簡単に作りたいと考えるかたも多いでしょう。家の中を探してみると、意外と材料はたくさんあります。
例えばペットボトル、牛乳パック、ティッシュやお菓子などの空き箱、トイレットペーパーの芯、紙コップ、段ボール、新聞紙などあらゆるものが材料になります。
材料を選ぶ際は、お子さまにとって安全なものを選びましょう。お子さまが舐めても大丈夫か確認する、口に入れた時に喉に詰まる大きさのものは避ける、尖っていたり指を切ってしまいそうな部分はないか、などです。誤飲については、お子さまの喉に詰まる大きさかどうかを確認する「誤飲チェッカー」というものがありますので、そういったアイテムを用いてしっかり安全性を確かめるようにするとよいでしょう。

また、年齢により手作りおもちゃの種類に違いもありますので、作ってあげるとよいものや一緒に遊べるものなどの一例を紹介しましょう。

●手作りおもちゃでできる0〜1歳向けの遊び:シールをはがす、紙を破る、ものの出し入れ、引くおもちゃ、お絵描きなど

ものの出し入れは、間口の広い、高さの低い箱を作成し、丸めた折り紙などを入れたり出したりと簡単に遊べます。丸めた折り紙は、手で持つとつぶれるくらいの柔らかさで、口に入らない大きさにし、テープなどで全体をコーティングすることで、なめても大丈夫なものにするとよいでしょう。
引くおもちゃは、体の大きさに合った段ボールにひもを付けるだけで、引っ張って遊ぶことができます。絵を描くことや画用紙などで電車やバスに見立てると喜んでくれるかもしれません。
0〜1歳では、シールや紙、クレヨンなど、口に入れてしまう場合があるかもしれませんので、保護者のかたが近くで見守りながら、一緒に遊ぶとよいでしょう。

●手作りおもちゃでできる2〜3歳向けの遊び:パズル、お絵描き、折り紙、簡単なおままごと、ひも通し、糸電話、ボール遊びなど

折り紙でおままごとに必要なコップや食べ物などを折り、それを使って一緒におままごと遊びをしてもよいでしょう。ひも通しは、毛糸など太めのひもを使い、先にモールを付け針に見立てます。モールが通りやすい穴を画用紙にあけ、最初は保護者がやり方を見せ、次は一緒にひもを穴に通して引っ張るという動作を繰り返しやってみるとよいでしょう。上手になったら、画用紙から不織布などの柔らかい物に変えていくとよいかもしれません。
なお、2歳くらいでハサミに興味をもって使い始めるお子さまもいますので、お子さまにハサミの使い方を伝えながら一緒に紙を切って楽しんでもよいでしょう。

【ひも通しの作り方】
■材料
・ひも(リボンなどでもOK)
・フェルトやプラスチックダンボールなど

■作り方
1:フェルトやプラスチックダンボールなどを、動物やお魚などお子さまの好きな形に切る。大きさはお子さまが手で持ちやすいサイズにする。また、プラスチックダンボールの場合は切り口で怪我をする可能性があるので、マスキングテープを貼り安全面に気をつける。
2:形ができたら、ひもやリボンが通る大きさの穴をあける。穴をあけた時に、プラスチックダンボールの場合はささくれができていないか等、安全に遊べるかどうか確認をする。
3:穴にひもを通してみて、お子さまでも通せる大きさか確認し、完成!

以上を見てみると、家にある材料で簡単に手作りおもちゃが作れます。作るおもちゃはそのお子さまに合ったもの、興味をもてそうなものを選んであげましょう。そして何より、保護者のかたがお子さまのためを思う気持ちが大切です。でき上がったもののでき栄えよりも、心を込めて作ったという気持ちが伝わるものになるとよいでしょう。

作るときに注意したいポイント

消費生活センターの報告によると、お子さまの事故の半数を占めているのは誤飲だといいます。お子さまがおもちゃや部品を飲み込んでしまったり、それらがお子さまの耳や鼻に誤って入ってしまったりという事故です。
目安としては、大人が親指と人差し指で丸い輪の形を作ったとき、その中をおもちゃや部品が通るかどうかを見てみましょう。もし通る場合はお子さまがそれらを喉につまらせてしまう危険性が高いので、おもちゃを手作りするときには自分の指で大きさを確認しながら、気をつけて作りましょう。

材料や、道具の片づけにも気を遣っていきましょう。もし、どうしてもホッチキスを使わなければならない場合は、外したホッチキスの芯はセロハンテープに貼り付けて安全な状態で捨てるなど、細かいところまで配慮してください。また、あとでまとめて片づけるよりも、その都度小さいものから大きなものまでしっかりと片づけることを心がけるとよいでしょう。
年齢が小さいお子さまの場合は、ホチキスを使わずに作れるおもちゃ作りを心がけましょう。テープなどで貼り付けるおもちゃの方が安心、安全です。

0歳から3歳くらいですと、保護者のかたが一緒に遊びながら様子を見ていくようにします。お子さまは大人の想像できないような行動をすることもありますので、しっかりと見守りながら楽しく遊べるとよいでしょう。

手作りのおもちゃは心が込もっており、作ることのよさはたくさんあります。しかし、安全面を疎かにしてしまうと大変な事故を招く可能性があるのも事実です。安全面に気をつけながら作るとともに、安全に遊べるものを作ることを心がけましょう。