「早期教育」という言葉をよく見聞きするものの、その内容についてはよくわかっていないという保護者も多いのではないでしょうか。そこで早期教育の種類や取り入れる際の注意点、また幼児教育との違いについて詳しくご紹介します。

この記事のポイント

  • 早期教育と幼児教育の違い
  • 早期教育にはどんな種類がある?
  • 早期教育を取り入れる際に気をつけたいこと

早期教育と幼児教育の違い

小学校に入学する前の子どもに、英語や水泳など何かしらのスキルや知識を身につけさせるために、一般的な年齢よりも早く始める教育のことを早期教育といいます。一方で幼児教育は、幼児が生活するすべての場において行われる教育の総称です。

どちらも未就学児を対象とした教育で似ているようにも感じられますが、早期教育と幼児教育では、その目的が異なります。

早期教育は知識を与えてもらうことで特定のスキルを身につけることを目的としているのに対し、幼児教育は子どもが持っている可能性を引き出して学習の基礎をつくることを目的としています。

  • 早期教育は特定のスキルを身につける教育
  • 幼児教育は学習の基礎をつくるための教育
  • 早期教育と幼児教育では目的が異なる

早期教育にはどんな種類がある?

早期教育には、知育系、芸術系、運動系などさまざまな種類があります。英語などの外国語、ピアノなどの楽器、また水泳などの運動といった習い事はその代表的なものといえるかもしれません。

また文字や数の学習など、小学校に入ってから学ぶものを先取りすることも早期教育に含まれます。ほかにも右脳や左脳を鍛えるための教育や、アートなども早期教育の一種です。

このような教育のうち主に脳に刺激を与えるような胎児や乳児に対する教育のことを、超早期教育といいます。

  • 知育、芸術、運動などさまざまな種類がある
  • 小学校で学ぶことの先取り学習も含まれる
  • 胎児や乳児に対する教育を超早期教育という

早期教育を取り入れる際に気をつけたいこと

早期教育を行うことで、幼児期からさまざまなスキルを身につけることができます。できることが増えるとお子さまの自信につながりますし、定期的に学習することで学ぶことが習慣にもなりますね。

このようにメリットがたくさんある早期教育ですが、一方でデメリットも忘れてはいけません。
友達と遊びたい時期に、習い事が忙しくて遊べないことがストレスになることがあるかもしれません。また、暗記を重視した学習の場合は、自分で考える力が育ちにくくなる可能性もあります。

子どもが小さいうちは、保護者が習い事や学習内容を決めることが多くなりがちですが、お子さまが楽しく取り組めているかを確認しながら進めることも大切ですね。

  • 早期教育にはメリットがたくさんある
  • デメリットがあることも忘れない
  • お子さまが楽しめているかの確認も大切

まとめ & 実践 TIPS

早期教育にはさまざまな種類があります。お子さまの能力を伸ばしてあげたいという思いから、できるだけ小さいうちからスキルを身につけさせてあげたいという思いもあるかもしれません。

しかし早期教育にはメリットだけでなくデメリットがあることも忘れず、お子さまが無理なく楽しみながら学べるものを取り入れていきたいですね。