もうすぐバレンタインデー。

大切な人や家族、友達に手作りお菓子をプレゼントする予定のかたも多いのではないでしょうか?

今回は、定番のチョコレート菓子から、少ない材料で作れるレシピ・火を使わずに作れるレシピを4つご紹介します。

この記事のポイント

  • 火を使わない生チョコタルト
  • ガトーショコラ
  • 材料2つ! ザクザクチョコクランチ
  • パイシートで簡単! ハートチョコパイ

火を使わない生チョコタルト

最初にご紹介するのは、火を使わない生チョコタルト。
材料は4つ。30分で作れる簡単レシピです。

【材料】

・市販のビスケット 40g
・バター(有塩・無塩どちらでも可) 30g
・ミルクチョコレート 150g
・生クリーム 80g

【作り方】

1.容器(13cm×6cm 高さ5cm)の高さに合わせて、クッキングシートを切る。容器の底辺の四隅に印を付け、写真のように切り込みを入れる。

2.容器に1で切ったクッキングシートを敷く。

3.バターを600Wの電子レンジで50秒加熱し、溶かす。ビスケットをフリーザーバッグに入れ、めん棒などで細かくなるまでつぶす。

4.3のフリーザーバッグに溶かしたバターを入れ、よくもんで全体にバターをなじませる。

5.クッキングシートを敷いた容器に4を入れ、スプーンなどで表面を押して平らに整える。

6.ミルクチョコレートを2〜3cmの大きさに割る。生クリームを600Wの電子レンジで50秒加熱する。

7.加熱した生クリームをチョコレートに加え、混ぜながらチョコレートを溶かす。溶け残りがある場合は、600Wの電子レンジで10秒加熱し、さらに混ぜる。

8.5で容器に敷き詰めたビスケットの上に、7のチョコレートを流し入れる。容器をテーブルに軽く叩きつけ、空気を抜いて冷蔵庫で3〜4時間冷やす。

9.チョコレートが固まったら、食べやすい大きさに切る。包丁をお湯で温めるときれいな切り口になる。

ねっとり濃厚な生チョコがたっぷり楽しめる簡単タルト。
甘いものがニガテなかたにはビターチョコレート。苦みがニガテなかたにはミルクチョコレートを選んでください。

ガトーショコラ

チョコレート菓子の中でも人気の高いガトーショコラ。
通常のレシピはメレンゲ(卵白)を泡立てて作られますが、気泡がつぶれやすく初心者さんにはハードルが高いレシピでもあります。

今回は失敗しにくく、初心者さんでも作りやすい全卵を使用したレシピをご紹介します。

【材料】

・ミルクチョコレート 60g
・バター(有塩・無塩どちらでも可) 40g
・グラニュー糖 55g
・薄力粉 20g
・純ココア 15g
・たまご 2個
・粉糖(飾り用) 小さじ1程度

(使用する焼き型)
5号サイズ(直径15cm) 底が抜けるタイプのスポンジケーキ型

【作り方】

1.型の底と側面にクッキングシートを敷く。オーブンを170℃に予熱する。(焼成温度は160℃ですが、家庭用オーブンは温度が下がりやすいため、170℃で予熱します)

2.チョコレートとバターを5cmくらいの大きさに切り、55℃前後のお湯で湯せんして溶かす。薄力粉と純ココアを合わせてふるう。

3.たまごとグラニュー糖を合わせてボウルに入れ、高速ハンドミキサーで5分泡立てる。

4.生地が約2倍に膨らんだら、ミキサーを低速に変えて1分泡立てる。

5.2で溶かしたチョコレートに、4の生地をすくい入れ(お玉1杯分程度)よく混ぜる。

6.残りの生地とふるった小麦粉・純ココアを入れ、粉けがなくなるまで混ぜる。混ぜすぎると生地がつぶれるので、底からすくうように手早く混ぜ合わせる。

7.生地を型に流し入れ、160℃のオーブンで30〜33分焼く。焼き上がったら、型に入れたまま網の上で冷ます。

8.生地が完全に冷めたら型から取り出し、クッキングシートも外す。

9.仕上げに粉糖を振りかけて完成です。

材料2つ! ザクザクチョコクランチ

次は、お子さまに人気のお菓子、チョコクランチ。
チョコクランチといえばコーンフレークやパフで作るレシピが定番ですが、パン粉を使うとザクザク感が増してとてもおいしく作れます。
材料費をぐっと抑えられるのもうれしいポイントの一つです。

【材料】

・パン粉 30g
・お好きなチョコレート 50g
(ミルク・いちご・ホワイトなど)

※チョコレートは1色あたりの分量(クランチ9〜10個分)です。
今回は3色分(上記の3倍)を使用しています。

【作り方】

1.パン粉を600Wの電子レンジで20秒加熱し、水分を飛ばす。チョコレートは55℃前後のお湯で湯せんして溶かす。

2.パン粉にチョコレートを加え、よく混ぜる。丸いスプーンで生地をすくい(計量スプーンが使いやすい)、ラップを敷いたトレイに乗せる。丸型の製氷トレイでも代用できます。

3.冷蔵庫でチョコが固まるまで1〜2時間冷やして完成です。

サクサク・ザクザクした食感がやみつきになるパン粉クランチ。
ナッツやドライフルーツ、マシュマロを混ぜてもおいしいのでぜひお試しください。

パイシートで簡単! ハートチョコパイ

最後にご紹介するのは、冷凍パイシートを使ったかわいいハート型パイ。
型がなくてもシートを折りたたむだけで作れる簡単レシピです。

【材料】

・冷凍パイシート 1枚
・グラニュー糖 大さじ2〜3
・水 小さじ2
・飾り用チョコレート、ナッツなどお好きなもの 適量

【作り方】

1.オーブンを210℃に予熱する。(焼成温度は200℃ですが、家庭用オーブンは温度が下がりやすいため、210℃で予熱します)
冷凍パイシートを冷凍庫から取り出し、打ち粉(分量外)をしたクッキングシートの上に乗せる。5分ほど室温に置き、半解凍状態にする。パイシートの上にも打ち粉をし、クッキングシートを乗せて縦横1cmずつ大きくなるようにめん棒で伸ばす。

2.パイシートの表面にはけで薄く水を塗り、グラニュー糖をまんべんなく振りかける。

3.両端を2cmほど折りたたみ、折りたたんだ生地の上にも薄く水を塗り、グラニュー糖を振りかける。

4.さらに両端を2cm折りたたみ、同様に水を塗り、グラニュー糖を乗せる。最後にパイシートを半分に折りたたみ、全体に薄く水を塗り、残りのグラニュー糖をまんべんなくまぶす。

5.折りたたんだ生地を1cm幅に切り分ける。冷凍庫で5分ほど冷やすと切りやすくなる。切り口を上にし、クッキングシートを敷いた天板に並べる。横に大きく膨らむので、生地と生地の間を3〜4cmほど空ける。200℃のオーブンで15〜18分焼く。

6.飾り用チョコレートを湯せんで溶かす。焼き上がったパイは網に乗せて粗熱をとる。

7.溶かしたチョコレートやトッピングで飾り付けて完成です。

ひと口で食べられるミニサイズのハートパイ。
焼きたてのザクザク食感が楽しめるのは手作りならでは。
パイは湿気に弱いので、できるだけ当日中にお楽しみください。

まとめ & 実践 TIPS

今回は、初心者さんでも簡単に作れるバレンタインレシピを4つご紹介しました。
1年に一度のバレンタインデーは、日頃の感謝を伝えたり、友達や家族の絆を深めたりする絶好の機会です。
また、バレンタインデーを機にお菓子作りに興味を持つお子さまも多いと思います。
お菓子作りを通じて親子の絆を深め、思い出づくりを楽しんでいただけたらと思います。