中学よりスピードがはやい高校の授業、部活動の仮入部体験など、高1の4、5月は目まぐるしく過ぎ、どうしても学習習慣が乱れがちになるころです。

しかし、これからの大学入試では学力だけでなく、学校行事や部活動などの成果や資格試験なども問われるようになるため、勉強との両立を図ることがより一層大切になってきます。

そこで、忙しいなかでも勉強するための「習慣づくり」スケジュール作りをするための「自己管理能力」をお子さまに意識付けすることをおすすめします。

今回は、高1の今、保護者のかたに知っていただきたい「自己管理能力」を育む3つのポイントを、ご紹介します。

この記事のポイント

  • 規則正しい生活で、机に向かう習慣を身につける
  • 3つの時間を固定することがポイント
  • 勉強の習慣づけは、小さなことから
  • 学習計画を立てて、宿題や総復習をやりきる

規則正しい生活で、机に向かう習慣を身につける

「夜ふかしをしてしまって、土日はお昼過ぎまで寝てしまう」

「受験が終わったあとからずっと、勉強の目的意識がなくなり勉強が手につかない」

そんなお子さまもいるのではないかと思います。

勉強する習慣がなくなってしまうと、いざやる気を出して勉強しようと思ったときや、あせって勉強をはじめたときも、なかなか集中力が続かなくなってしまいます。

自由な時間が多いときでも、机に向かう習慣を身に付けるようにすることが大切です。

3つの時間を固定することがポイント

勉強する習慣を身に付けるのは、次の3つの時間を固定して、規則正しい生活を送ることがポイント。

①起床

②家庭学習開始

③就寝

宿題やテスト対策を目的に、②を習慣付けてしまうのもひとつの手です。

土日は学校の時間割に近い時間で勉強をするようにすると、よりスムーズに入学後も続く学習習慣が付けられます。

勉強の習慣づけは、小さなことから

ただし、②家庭学習開始は、ハードルを上げすぎないようにしましょう。

受験生のように、1日何時間も勉強することをいきなり求められても、できないのが当然です。

「毎日この15分間に、ゼミ教材を使った予習だけでも」というように、グッとハードルを下げましょう。

目標が低ければ低いほど、心理的な抵抗がなくなって「それだけでいいなら、やってみようかな!」という気持ちになりやすいです。

そこから徐々に時間を増やして、習慣化させていくことが大切です。

学習計画を立てて、宿題や総復習をやりきる

1週間の目標を決めてスケジュールを組むと、「金曜日は出かけてしまったので、土日で足りない分を補おう」というように、時間の使い方をコントロールする力が身に付きます。

早くから学習計画を立てることに慣れておくと、適切な目標設定、スケジュール通りにいかなかったときの調整方法などが身に付き、新学期で忙しくなったときでも計画的に勉強を進めることができます。

まずはできることから

入学してまだ間もない今、自己管理能力を高めることで、充実した高校生活を送れるようになりますし、多様化する大学入試にも役立ちます。

高校生になったことを区切りに、お子さまが「自己管理能力」を身に付けられるよう、働きかけをしてあげてください。