東京都八王子市と神奈川県相模原市との境界にある陣馬山で、休憩舎にある「直火・焚き火 禁止」と書かれた表示板が燃やされてしまったとする画像がツイッターで投稿され、話題となっている。

投稿画像からは、表示板の記載部分が特に燃やされた様子がうかがえ、「直火・焚き火 禁止」の表記は跡形もなくなっていることがわかる。別の投稿画像では、表示板が設置していた箇所を示し、「設置していたものが無理やり外されて…」「文字が読めなくなるまで燃やされました…」と説明する。

木々が生い茂る山で火をおこすのは、山火事などの原因ともなりかねず大変危険な行為だ。今回のような表示板がなくとも、直火・焚き火を厳に慎むべきことは常識と言ってもいい。

火の取り扱いに関する当たり前の注意を促す表示板を敢えて燃やしたのであれば、相当悪質な行為と言わざるを得ないだろう。

●多摩環境事務所「警察への相談を検討する」

画像タイトル

今回ツイートしたアカウント(東京の自然公園@tokyonp2017)を管理する多摩環境事務所の自然環境課は、弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「表示板が燃やされたことに気づいたのは10月27日の午前中だった」と回答した。

表示板は、多摩環境事務所が陣馬山の休憩舎を整備した2021年3月に、休憩舎で直火や焚き火をされると危険だとして設置された比較的まだ新しいものだという。

注意書きをあざ笑うかのような火による器物損壊行為については、「悪質なので、警察への相談を検討する」としている。

時期は未定だが、今後また表示板を新しく設置する意向だとして、「こういったことは絶対に止めてほしい」と話した。