海外でセクハラを受けた女性たちがSNSなどを通じて、被害を告発するムーブメント「 #MeToo 」。日本でも今年5月、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS社員の男性から性的被害を受けたことを告発したことをきっかけに広まり始めた。詩織さんは実名で顔を出し、男性を刑事告訴したが不起訴となり、現在は男性を相手取って民事訴訟を起こしている。

その後、元電通社員で、ブロガー兼作家のはあちゅうさんが12月、同じく元電通社員の男性からセクハラやパワハラを受けていたことを告発した記事がBuzzFeedで報じられた。しかし、はあちゅうさんが以前より女性経験のない男性について「童貞いじり」していたことから、一部のユーザーから「セクハラでは」と批判されて炎上。はあちゅうさんが一時は謝罪する騒動にまで発展した(12月22日現在は削除済み)。

この騒動を静かに追いかけていたのが、都内で暮らす30代男性Aさんだ。20代の頃、まだ女性経験がなかったAさんは、勤め先の大手広告代理店の先輩たちから、「童貞」といじられ続けた。「先輩たちに悪意があったとは思っていませんが、とても嫌な気持ちになりました」と当時を振り返る。Aさんの体験から見えてくるハラスメントの構造とは?

●「童貞は、何が楽しくて生きてるの?」と1年間、言われ続ける

関東の高校を卒業したAさんは、有名大学の理学部に進学した。周囲は9割が男子学生。Aさんは女性に特に関心を持たないまま、好きな研究に打ち込む生活を送っていた。「当時の趣味はゲームやアニメ。研究も忙しかったし、女性にはまったく興味がありませんでした」と振り返る。

大学卒業後は広告代理店に就職した。周囲に彼女がいないと知れると、「好きな女性のタイプは? 芸能人でたとえると誰?」「どうして彼女を作らないの?」と何度も聞かれ、少し煩わしさを感じた。そうした会話の中で「女性と交際経験がない」ことが知れると、童貞であることに驚かれた。

「どうしてこの人たちは恋愛にこんなに興味があるのだろう? どうして恋愛が共通の話題になると思い込んでいるのだろう?」。Aさんは不思議だったという。

たまに「童貞」が話題になることもあったが、ほとんどの同僚が「面白い学生生活だったんだね」「研究がそんなに楽しかったんだ」とむしろ感心されたため、特に気にすることはなく過ごしていた。しかし、ある仕事でチームを組むことになった先輩社員の男性Bさんが、Aさんが童貞だと知ると、頻繁に「いじり」をしてくるようになった。

「童貞は、何が楽しくて生きてるの?」「童貞なんて、人生の9割は損してるよね」「セックスは人間の本能なんだから、セックスしないとかおかしくない?」「早く3次元の女の子とセックスしろよ」

こうした言葉を、Aさんは複数の同僚がいる前で、Bさんから度々投げつけられた。名前ではなく、「童貞」と呼ばれることもあった。

「Bさんに悪意があったとは思っていません。親しい後輩男子に対する親愛の表現であり、彼のコミュニケーションの方法だったのではないでしょうか。でも、恋愛やセックスはとてもプライベートな領域のものです。信頼関係のない他人に踏み込まれ、決めつけられたり、いじられたりしたくありません。僕にとっては、セクハラと言えるものでした」

●仕事先で突然「こいつ、童貞なんですよ」と紹介される

結局、Bさんとチームを組んでいた1年間、Aさんに対する「童貞いじり」は続いた。他にもAさんは、別の先輩社員の男性Cさんと仕事先に出かけ、不愉快な思いをしたことがある。

「突然、仕事先の人(年配男性)に『こいつ、童貞なんですよ』と紹介されました。仕事先の人には『そうなの? なんで?』と聞かれてしまい、返答に困りました」

BさんもCさんも、社内では大先輩であり、メディアにも取り上げられるような「有力者」だった。若手のAさんが「そういういじりは止めてください」とは言えなかった。言えば、仕事に支障が出ると思ったからだ。「今でも、Bさんの顔をメディアで見ると、怒りが湧いてきます」とAさんは苦笑する。

「恋愛経験が豊富なことが、人間の真価や優位性を決定するという価値観が男女関わらずあることは知っています。BさんもCさんも、そうした価値観で生きているのだろうと。でも、それが必ず他人と共有できていると思うのは、少し雑ではないでしょうか。しかも、相手にそうした価値観を押し付けて貶めることは、明らかなハラスメントです」

Aさんに今回の「童貞いじり」の議論はどう映ったのだろうか。

「男性に対するセクハラはマッチョな男社会の中で抑圧され、告発は難しいです。『童貞いじり』はそうした社会で横行しています。童貞という言葉自体は、それ以上でもそれ以下でもない意味ですが、童貞という言葉を使って相手が嫌がる行為をすれば、それはハラスメントになるでしょう。本人が意図しなくてもそういう『相手』に届いてしまうし、言われた側も抗議が難しいSNSやメディアを使うのであれば、十分な配慮が必要だと思います」

そう語ったAさん、は最後に「僕も #MeToo と声を上げてもよいでしょうか?」と付け加えた。

【相談募集!】弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい、法律に関するトラブルはありますか。働いていて疑問に思ったこと、ご近所トラブル、男女・離婚に関するものなど、情報をお待ちしています。以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

(弁護士ドットコムニュース)