新CM「ユニバーサルインタビュー直訳」編

プロテニスプレーヤーの錦織圭選手(27)が"ユニバーサル社会"の大切さを伝えるLIXILのテレビCMが2017年7月22日から放映されています。

「意気込み」聞かれたのに、...あれ?

LIXILはユニバーサル社会の実現をめざす活動を本格化するにあたり、ユニバーサルデザインの考え方を「モノ」だけでなく「心」にも広げていきたいと考え、新たな取り組み「リクシル すすめる、 ユニバーサル。」をスタート。その公式アンバサダーとして、グローバル・パートナーシップ契約を結んでいる錦織選手を起用しました。

CMは2パターンあり、どちらも舞台は海外の記者会見。1つは記者から「意気込み」を聞かれた錦織選手がユニバーサル社会について英語で熱弁し始めるもの(「ユニバーサルインタビュー直訳」編)、もう1つは同時通訳者が"暴走"して錦織選手が語っていないユニバーサル社会について話し出してしまうもの(「ユニバーサルインタビューアドリブ」編)。どちらも取材陣、同時通訳者とのユーモラスなやりとりが印象的です。

CM後半ではユニバーサルデザインの視点を取り入れた商品として、車いすや高齢者の方にも配慮したキッチン「ウエルライフ」、段差が少なく出入りしやすいスライディングドア「エルムーブ」が紹介されています。

CM出演について、

「演技で記者発表をする、というのは初めての経験で少し恥ずかしかったですが、非常に貴重な体験ができました」

と振り返る錦織さん。CM最後に披露する"決めポーズ"「にしこリクシル」にも注目です。