キャッシュレス・消費者還元事業が2020年6月末で終了します。コンビニ等で2%還元、中小企業で5%還元と政府による還元キャンペーンでしたが延長もなく終了となります。

7月以降は還元が終了するため消費の落ち込みがあるはずですが、7月24日から開催されるはずだった東京五輪でカバーできると言うのが政府のスキームだったはずです。

しかし、東京五輪自体が延期となってしまい、さらにコロナショック。結局、昨年10月の消費増税だけが残りました。そのため、キャッシュレス・消費者還元事業の延長もあるのかなと思っていましたが延長はなし...。7月、8月はさらに消費が落ち込むのではないでしょうか。

7月、8月と書いたのは、9月以降にマイナポイント事業が始まるためです。9月以降の開始ですが申請自体は7月からですので、今回はマイナポイントの紹介をしたいと思います。

どのくらいお得なの?

マイナポイントはキャッシュレス決済したときに1人あたり最大25%還元される事業です。25%ってものすごい率ですが、"最大"と言うところが重要。還元上限は期間中に5000円。つまり2万円利用またはチャージ時に最大の25%還元となるのです。

また、"1人あたり"も重要な点で、キャッシュレス・消費者還元事業のように複数カードを利用して1人でたくさん還元を受けるという事はできず、1人につき5000円がマックスです。

1人あたりですから、4人家族であれば2万円の還元が最大。家族が多ければ多いだけ、最大還元額も多くなるわけです。

なぜマイナ?

ポイント名についている「マイナ」。これは「マイナンバーカード」の事です。マイナンバー通知カードではダメ。顔写真のついたマイナンバーカードが必須です。

一気にハードルが高くなりましたね。そう、マイナポイント事業はマイナンバーカードの普及とキャッシュレスの普及を目指す事業ですのでマイナンバーカードが必須です。マイナンバーカードが必要なので "1人あたり"の抜け道はありません。

現在はマイナンバーカードを申請してから入手できるまでに1〜1.5か月程度必要です。特別定額給付金の影響でさらに遅れるかもしれません。今から申請して、9月に間に合わないんじゃないか、と思った方。安心して下さい。マイナポイント事業は9月から翌3月までですので、それほど焦る必要はありません。

マイナンバーカードを入手してからやることは?

マイナンバーカード入手後にやることは、マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)。これもなかなか大変で、スマホにアプリをインストールする必要があります。さらに、対応機種も決まっており、対応していなければマイナンバーカードを読み取れません。

パソコンの場合はさらに複雑で、アプリのインストールが必要だったり、Internet Explorer 11が必要だったり、パソリ(ICカードリーダライタ)が必要だったり、もうマニアの領域です。自分の環境でできない場合は支援端末が設置されている施設を探しましょう。

続いて、キャッシュレス決済の登録が必要です。紐付け方法はキャッシュレス決済事業者によって異なりますが、パソコンやスマホ以外にも、コンビニのマルチコピー機などから設定できるようです。

なお、対象のキャッシュレス事業者が決まっており、6月17日時点ではJCBカードやセゾンカード、アメリカン・エキスプレス・カードなどは対象となっていません。対象のキャッシュレス事業者を事前に確認しましょう。

キャッシュレス事業者を登録すれば、あとはキャッシュレスで支払うだけ。ただし、還元方法がキャッシュレス事業者毎に異なり、チャージしたタイミングでポイントを獲得できたり、決済時にポイントを獲得できたりバラバラです。

例えばnanacoやSuicaの場合は、2万円チャージしたときに5000ポイントが還元されます。三井住友カードやイオンカードの場合は累積2万円の支払いで5000円分のポイントを獲得できます。還元タイミングや還元方法についてはマイナポイント事業のサイトに書かれていますので読んでみてください。

マイナンバーカードの申込、マイキーIDの発行、キャッシュレス決済の登録・利用と高いハードルをクリアして5000円......。

マイナポイント事業だけでマイナンバーカードを申し込むのは微妙な所ですが、コンビニで住民票の写しを通常よりも安く取得できたり、マイナポータルで年金情報を確認できたりと意外と便利な面もあります。この辺りも考えてマイナンバーカードの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。