マスク着用が日常となる中、オフィスビルや駐車場近くの自販機で手軽に買えるようになるかもしれません。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンのグループ会社である「FV ジャパン」は、清涼飲料水自動販売機でのマスク販売を2020年9月9日から1都3県(東京都、群馬県、愛知県、福岡県)で順次始めています。

冷たいドリンクと同じように...

非接触・非対面を実現する「自動販売機」でのマスク販売は、7月のテスト販売を経て本格展開されます。

以前から実施していた東京都豊島区のサンシャインシティ(5台)に加え、オフィスビルや時間貸し駐車場などに設置し、計22台に拡大します。

同自販機で買えるマスクは、SEKマーク/繊維製品認証を受けたエアロシルバー素材の、抗菌効果・吸湿速乾・消臭効果・遠赤外線放出・UVカットの機能を備えた接触冷感生地で、洗濯し繰り返し使うことができます。1枚800円(税込)

専用のビンケースに詰められ、他の清涼飲料水と同じく冷却された状態で買えるとのこと。

9月9日時点で公表されている設置場所は、サンシャインシティ(東京都豊島区)、フレッツガーデン(東京都練馬区)、名鉄協商パーキング大須第14、名鉄協商パーキング那古野1丁目(愛知県名古屋市)、酒蔵 大寿㐂(愛知県名古屋市)、キャナルシティ博多ビジネスセンター(福岡県福岡市)、ほか12か所です。