クールライムに「ゆず」をちょい足し

夏も満足感のある美味しいドリンクが楽しめるスターバックスコーヒー。そんなスターバックスの特徴でもある「カスタマイズ」を駆使して、よりおいしく、夏にぴったりのドリンクを飲む方法を紹介します。

今回は、アイスコーヒーやアイスティーなどゴクゴク飲めるドリンクを中心におすすめをピックアップ。まだ試したことがない人はこの夏、チャレンジしてみて。

バレンシアシロップが大活躍

おすすめは、2012年から毎年夏に期間限定販売されている「スターバックス リフレッシャーズ」。2017年も引き続き「クールライム」(ショート360円〜)が登場しています。ライムの爽快感のある香りが広がる冷たいドリンクです。もちろんそのままでも美味しいのですが、今回はおすすめの「カスタム」をいくつか紹介します。

1つめはシロップの追加(+50円)。人気が高いのはバレンシアシロップとホワイトモカシロップ。バレンシアシロップは、オレンジの風味が加わるのでよりシトラスの風味が強くなります。ホワイトモカシロップは、ミルキーな味わいになり甘酸っぱい「カルピス」のような味わいに。変化が欲しい時にチャレンジしてみて。

2つめはゆずシトラス果肉の追加(+100円)。ゆず果肉ソースをカップの底に加えてもらえます。ストローからドリンクを吸うと、たっぷりのゆず果肉が口の中に...! ゆず独特の香りが広がり癒されます。ライムの爽やかさとゆずの爽やかさが意外としっくりきます。通常の「クールライム」よりジューシーな味わいになるので、ゴクゴク飲みたいけどちょっとリッチなドリンクがいいという気分の時におすすめ。

コーヒー派には、アイスコーヒー(ショート280円〜)にシロップを追加するカスタムがおすすめ。夏にぴったりなのは、バレンシアシロップ(+50円)を追加するというカスタム。特に、柑橘系の風味が感じられるコーヒー豆「ケニア」「カティカティブレンド」「アフリカ キタム」などに追加すれば、互いの風味が引き立ちます。夏にぴったりのさっぱりとした味わいで、酸味を感じるコーヒーは苦手という人も柑橘系のフルーツを合わせれば、おいしく飲めるということに気づけるかも。甘くなりすぎるのが苦手な人は、店員さんに少なめと伝えて調整してみて。逆に甘い方が好きな人は多めと伝えてもOK。

また、カフェ アメリカーノ(ショート300円〜)にヘーゼルナッツシロップの追加(+50円)もおすすめ。エスプレッソの香ばしさとヘーゼルナッツの香りは相性抜群。大きめのサイズでゴクゴク飲みたくなる1杯です。

このほか、一部のスタバファンの間で夏の定番として親しまれているのが「パッションティー」(ショート290円〜)にバレンシアシロップを追加(+50円)するカスタム。酸味が強めのパッションティーですが、シロップを加えれば酸味がマイルドになり、バレンシアシロップのオレンジ風味でよりフルーティーな味わいに変化するので試してみて。

いつものドリンクを少しアレンジするだけで、味わいはもちろん気分も変わりそう。「いつもこればっかり飲んでるな...」と感じたときは「カスタム」に挑戦するチャンスですよ。