広島発の自家熟成ステーキ専門店「ステーキのB」が2017年7月25日、東京・恵比寿に新店舗をオープンします。

肉汁や旨味をギュッ

「ステーキのB」を手がけるのは、広島を中心に焼肉業態を展開しているビッグアーム。1999年の創業以来、いち早く自社のセントラルキッチンを設立し、肉のプロフェッショナルとして"美味しい熟成肉づくり"に取り組んできたそう。

2017年4月、広島に「ステーキのB」1号店をオープンしたのに続き、今回、約18年間の熟成肉研究の集大成として恵比寿に進出。2号店をオープンすることとなりました。

恵比寿店では、自社熟成倉庫でしっかり寝かせたドライエイジングビーフを量り売りで提供。熟成ステーキの肉汁や旨味を閉じ込めながら、最高の状態に焼き上げます。手作りのこだわりソースにも注目です。

ランチタイムには「熟成ハラミステーキ」(150グラム/1180円)や「熟成ステーキB」(200グラム/1800円)など、グラム数でオーダーをすることが可能。ディナータイムには看板メニューの「熟成骨付きステーキ」を100グラム1000円からというお手頃価格で楽しむことができます。

営業時間は11時30分から23時まで。

詳細は、公式サイトへ。