どれを食べる?

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)ウイング館地下2階の惣菜売場とタワー館地下2階の鮮魚売場では2017年7月19日から25日まで、バラエティ豊かな「うなぎ」関連の商品約40種類が販売されています。

関東風vs関西風vs名古屋風

注目は、関東風の「鰻弁当(上)」(2700円)、関西風の「紅白重」(3240円)、名古屋風の「うなぎひつまぶし(だし付)」(2376円/25日のみ)などの地方の弁当対決。他にも24日と25日限りで、土用卵を使用した「うなとじ丼」(1296円)や、うなぎ・黒米・錦糸卵・わさび菜・寿司飯をミルフィーユ状に重ねた「うなぎのミルフィーユ丼」(1398円)などが楽しめます。

営業時間は10時から20時30分まで。