前回、メイクでより自分を若々しく、美しく見せる方法の「前編」として、効果的なベースメイクについてご紹介しました。(記事はこちら)

今回はその後編として効果的なポイントメイクについてお伝えします。

色、質感、塗り方...

<リップ・チーク>

(1)肌を明るく見せる色とツヤを重視する

リップやチークは色と質感に注意しながら選ぶ必要があります。色は肌を明るく見せる色を選びましょう。そうすればくすみを払拭する効果も期待できます。

また、質感はリップに関してはツヤのあるものがおすすめです。というのも流行のマットリップは、唇の縦じわを目立たせてしまうことがあるからです。チークの質感は前述のようにシワや毛穴が気になる肌ならパールやラメ入りは避けるのがベターです。

(2)斜め上に引き上げるようなイメージで塗る

リップとチークの塗り方にもポイントがあります。それはどちらにも共通することですが、斜め上に引き上げるようなイメージで塗るということ。リップの場合はリップペンシルやコンシーラーを使って輪郭を整えるのがおすすめです。また、その際は口角が上がって見えるようにしましょう。

チークを塗る際は笑った時のトップより少し高めの位置に、フェイスラインに向かって斜め上に引き上げるように塗るとリフトアップして見えます。ただし、この時直線的に塗ると不自然な印象に仕上がるので、顔のカーブに合わせるのも大切なポイントになります。

<アイメイク>

(1)アイラインは斜め上に跳ね上げる

年齢重ねるとまぶたがたるんだりして、徐々に目ヂカラがダウンします。そのためアイメイクは大切なポイントになります。

アイシャドウを塗ったらまつげの隙間を埋めるようにアイライナーを塗りましょう。カラーライナーを使う場合はブラックやブラウン、ネイビーなどのダークカラーのアイライナーでまつげの隙間を埋め、その少し上にカラーライナーを使うというように、ダブル使いするのがおすすめです。その際は目尻側を斜め上に跳ね上げるように描くとリフトアップ効果が期待できます。

(2)マスカラは眉尻側に重ね塗り

マスカラは全体に塗った後目尻側に重ね塗りすると、リフトアップして見えます。ダマになったりしないよう注意しながらぜひ重ね塗りしてみてください。

ちょっとしたことに配慮してメイクするだけで、驚くほど印象が変わることがあります。全ての工程を丁寧に行いながら、メイクでもアンチエイジングしてはいかがでしょうか。

遠藤幸子 遠藤幸子

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』