マスクをしている時、露出するのは主に顔の上半分です。そのためアイメイクは、普段よりもしっかり仕上げることが最大のポイント。いつもの感覚で仕上げると、リップやチークがないだけにぼやけた印象に仕上がってしまいます。

今回は、マスクをしている時こそ意識したい、目元を印象付ける大人のアイメイク術をご紹介します。

プチプラアイテムで叶いますよ。

まずはアイテム紹介

【アイシャドウ】

おすすめのアイシャドウのカラーは、ベージュやピンク、ブラウン、オレンジなどで明るすぎないもの。マットなものよりも濡れたようなツヤや少し光沢のあるものの方が華やいでキレイに見えます。

ちなみに、ビビットなカラーは避けるのがベター。マスクとあまりに差がつくと、悪目立ちする恐れがあります。使用するアイテムは基本的に肌なじみのいいものを選びましょう。

おすすめは、B IDOL(ビーアイドル)の「THE アイパレ #02 駆引きのピンク」(1800円)。3色のカラーにハイライトカラーを1色含んだパレットで、目元を大きく印象的に見せてくれます。

マットやラメといった異なる質感を組み合わせているので、いく通りものメイクパターンが楽しめ、グラデを作っても重くならないのが◎。

【アイライナー】

アイライナーはリキッドでも構いませんが、あまり太さを出してしまうと目が小さく見えてしまうので要注意。その点ジェルライナーを選べば気持ち太めに描くこともでき、目をクッキリと引き締めることができるのでマスクメイクに適しています。

ケイトの「レアフィットジェルペンシル #BR-2」(1100円)は、肌の上でとろけていくようなスルスルとした描き心地。おまけに1.5mmの極細ペンなので繊細なラインもクッキリラインも思い通りに描くことができます。#BA-2はビターブラウンで、黒よりも柔和でありつつブラウンよりも引き締め効果が高いです。

【マスカラ】

マスカラはボリュームよりもカールキープ力やロング、セパレート効果にこだわった方が目元を印象的に見せることができます。

筆者おすすめの商品は、CAROME.(カロミー)の「リアルロングマスカラ #ブラウン」(1500円)。

ダマになったり、液をつけ過ぎることもなく、自然にまつげの長さを出してくれます。美容成分配合でケア効果が高く、お湯で落とすことができるのも便利です。#ブラウンは、ふんわりとしたやわらかさのある眼差しに仕上がります。

メイク方法 8のステップ

メイクのポイントとしては、数多くの色を用いたグラデメイクにしないことと、引き締めカラーを二重幅からはみ出さないようにすることです。メイクの方法は下記の通り。

1:アイシャドウの3(メインカラー)をブラシでアイホール全体に塗る。
2:アイライナーを目頭から3ミリ程度開けて目の淵に沿って入れる。
3:アイシャドウの4(締め色)をチップで細くアイラインをなぞるようにして入れる。
4:ブラシでアイシャドウの2(ラメ)を主に中央部分に重ねる。
5:下まぶたの目頭から3分の2程度までチップで細くアイシャドウ1(ハイライトカラー)を入れる。
6:アイシャドウ4(締め色)をチップで下まぶたの目尻側3分の1程度まで細く入れる。
7:ビューラーでまつげを上げる。
8:マスカラをまつ毛に丁寧に塗り重ね、最後にコームでとかす。

このアイシャドウを使わなくても、同じような役割を果たす手持ちのアイシャドウを使い同じ要領でメイクすればOKです。

普段のメイクと比較

リップやチークも塗り、マスクを着用していない時の普段のメイクと今回ご紹介してきたマスクメイクを比較してみます。

上の画像左がいつものメイク、右がマスクをすることを意識したメイクです。マスクをすることを意識したメイクでは、アイシャドウ、アイライナー、マスカラともに重ねる回数を多くしています。そうすることで、いつものメイクよりしっかり仕上げ、目元を印象的に仕上げるよう心がけました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。同じアイテムを使用してもメイクの方法で目元の印象はかなり変わります。そのためマスクの着用有無によってメイクの方法を変えることが大切です。ぜひ参考にしていただき、マスクに映えるアイメイクでマスク美人を目指しましょう。

遠藤幸子

遠藤幸子

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』