2020年10月1日から、いよいよ「Go Toトラベル」キャンペーンに東京も追加されます。東京駅を利用する人も多くなりますね。

そこで今回は、東京駅に隣接する大丸東京店の和洋菓子売場歴10年のバイヤーが、考えに考えてセレクトした、「これぞ!東京みやげ」をランキング形式で紹介したいと思います。

ランキングは、9月28日大丸松坂屋百貨店から発表されました。

組み合わせで買うのもおすすめ

10位 舟和「芋金貨キャラメル」

看板商品の芋ようかんを薄焼きせんべいにして、間に芋キャラメルをサンドしたスイーツです。各日数量限定での販売。価格は8個入りで972円です。

9位 青山フロマージュ「ル・フロマージュ/クレームフロマージュ」

(左から)ル・フロマージュ、クレームフロマージュ

チーズ好きを魅了するチーズ専門店の商品です。この組み合わせでの指名買いが今ブームだそうで、子どもに頼まれて購入するお父さん多数なのだとか。価格は各648円

8位 メサージュ・ド・ローズ「TOKYOコーン・フルーリ」

ひとつずつセミハンドメイドで丁寧に作り込まれた見た目の華やかさが印象的なスイーツ。サクサクのコーンの中には、濃厚なイチゴチョコやホワイトチョコがたっぷり入っています。5本入りで価格は1620円

7位 船橋屋「くず餅 大箱」

写真は船橋屋公式サイトより

添加物や保存料を一切使用しない、自然な味わいが多くのお客さんから支持されている商品です。48切入で価格は1200円

6位 おいもやさん興伸「大学芋」

季節ごとに、一番美味しい品種のさつまいもを厳選して使用した商品です。店内厨房でその日作ったものに、家伝の蜜をかけて提供しています。500gで価格は1600円から。

気になる1位は...?

5位 満願堂「芋きん」

下町名物 満願堂の芋きんは、東京に来ないと食べられないお菓子です。その場で焼いているのも魅力。庶民的な下町の素朴さを感じる江戸和菓子です。10個入りで価格は1290円

4位 東京ばな奈STUDIO「東京ばな奈レモン」

日本はもとより、世界中のお客様に愛される"ザ・東京土産"です。レモン香るバナナカスタードをやさしく包み込んだ最新フレーバー「東京ばな奈レモン」が今のおすすめだといいます。8個入りで価格は1080円

3位 ベイクドマロウ「焼マシュマロサンド・ベイクドマロウ」

しっとり、ふわっ、とろりと、幾重にも変わる食感に思わずほおばりたくなる、心惹かれるスイーツです。常設店があるのはここだけなので、立ち寄った際は要チェックです。6個入りで価格は1101円

2位 ねんりん家「モア モイストバーム もっとしっとり芽 YS」

人気のバームクーヘン専門店の限定商品です。しっとりを超えた、もっとしっとりの、まるでスフレのような瑞々しさが楽しめます。1ホールで価格は1188円

1位 N.Y.C.SAND「N.Y.キャラメルサンド」

大丸東京店の1番人気スイーツです。

ブランドサイトによると、生クリームと黒糖でとろとろに炊き上げたキャラメルを包んでいるのは、口どけのよいクーベルチュールチョコレート。それをバターたっぷりの香ばしいクッキー生地でサンドしています。

ニューヨークの菓子店で作られていた「バナナサンド」をもとに作られたお菓子なので、「N.Y.C.SAND」のおしゃれな焼き印にも注目ですよ。

この商品を買えるのは「大丸東京店」と羽田の「空港売店」のみ。まさに"東京駅ならでは"のお土産です。

価格は、一例で8個入り1080円です。4個入(540円)〜40個入(5400円)まであります。

以上、トップ10、「東京土産」のご参考に!

商品はすべて、大丸東京店1階および地階ほっぺタウンにて購入できます。