スイーツ好きの皆さん、「秋の味覚」が楽しめるスイーツはもうチェック済ですか?

今年はゆっくり自宅で味わうのも良いですよね。

そこで今回は、菓子専門店「シャトレーゼ」の新作秋スイーツを食べ比べました。今日のおやつの参考にしてくださいね。

見た目、食感、風味◎

1つ目は、10月14日に発売された「加賀棒ほうじ茶と鳴門金時のトルテ」。香ばしい加賀棒ほうじ茶をたっぷり使ったケーキです。

ほうじ茶の香り香るふんわりとしたスポンジの間には、ほうじ茶ゼリー、ほろ苦いほうじ茶葉入りクリーム、濃厚な鳴門金時餡がサンドされています。

断面が美しく見た目も楽しめますが、食べてみると、またもうひとつの驚きが。

パリッとしたチョコ、むにゅっとしたゼリー、ふわふわのスポンジなど、様々な食感がひとつのケーキで楽しめます。中間層のクリームには、粗挽きほうじ茶葉が入っているので、どこを食べても口いっぱいにほうじ茶の香りが広がりますよ

コーヒーだけでなく、お茶にも合いそうです。価格は345円

2つ目は、「焼き栗モンブランロール」です。

香ばしい香りと風味の焙煎大麦粉を使用したスポンジで、栗風味の白あん、栗カスタード入りホイップクリームを巻いたロールケーキです。食感のアクセントとして、クリームの中に黄栗のダイスカットが入っています。

食べてみると、栗のコリっした食感、白あんのねっとり感が◎。栗の風味をしっかりと感じることができます。生地はふわふわ、クリームは軽く、食べ応えがありつつもペロリと食べられます。

価格は151円

最後は、新鮮な卵をたっぷりと使用しふっくらと焼き上げ、まわりをスイートチョコでコーティングした「ショコラケーキ」2品、イタリア栗と南九州産栗黄金芋です。

イタリア栗のマロングラッセを入れた「イタリア栗」は、栗の食感やおいしさをダイレクトに感じることができます。

「南九州産栗黄金芋」は、栗のような甘さと黄金のような黄色のコク深い南九州産栗黄金芋を使っています。

どちらもしっとりした食感で、甘さがあるのでほっと一息つきたいときにぴったり各129円という手頃な価格も魅力です。

まとめ

どれも美味しかったですが、今回1番のハマったのは「加賀棒ほうじ茶と鳴門金時のトルテ」。予想以上にほうじ茶の香りや風味が感じられ、和洋の"美味しいとこどり"という感じ。ほうじ茶のほろ苦さも立っているので甘すぎることもありません。見た目の美しさもありお土産にもぴったりだと思いました。

「焼き栗モンブランロール」と「ショコラケーキ」は、価格的にもデイリーのおやつにおすすめです。特にショコラケーキは会社で職場の仲間とシェアしたいスイーツでした。

いかがでしたか? 他にも秋スイーツは豊富なので、気になる人はシャトレーゼに足を運んでみて。