小学校受験に合格できさえすれば、エスカレーター式ですんなり大学まで進学できたのは昔の話。

今では進学に内部受験制度を取り入れているところも多く、子ども本人の強い意志がなければ、落ちこぼれは避けられないのが「お受験社会」です。

とは言っても、小学生のお受験で、まだ幼稚園児である子ども本人に受験の意志を確認するのは難しい話。

私も長男に聞いたことがありますが、やっと「あいうえお」が書けるようになったくらいの年頃では、当たり前に「勉強とは何か?」ということ自体、分かっていない様子でした。

こうして、「やりたくもない(興味すらもてない)勉強をやらせるのはかわいそう」と、小学校受験を見送った我が家。

しかし、同じ幼稚園に通うママの中には、こうした我が家の選択を「ラッキー!」と思う人もいるんですよね。


入りたい人が誰でも入学できるわけではないお受験。

競争相手が一人でも少ないのに越したことはないのでしょう。

「それはそれは、子どもを思った賢い選択ですね〜。」と言う彼女の顔がにやけていたのを覚えています。