人生で一番高い買い物といえば、もちろん、住宅でしょう。多くの人が、理想の住まいを求めて奮闘し、ローンを組んで念願のマイホームを手に入れます。ところが、世の中の一握りの人々は、まるでデパートで買い物をするような感覚で、住宅を購入することもあるんだとか。先日、結婚をした友人は、資産家の義親から豪邸をプレゼントされました。ところが、その新居には、驚愕の秘密があったのです。

決定事項のように告げられた言葉を、断ることはできません。「まだ部屋の片づけも終わっていないのに・・・」と、内心不満に思いながらも、恥をかかないよう、大急ぎで掃除や片づけをしました。ほとんど徹夜状態で義親を迎えると、なんと義親だけでなく、近所に住むジジババが10名ほど、ぞろぞろ付いてくるではないですか。

義親は、「私達のことは構わなくていいからね。もう出前のお寿司も頼んでいるから、後で受け取ってちょうだい」と彼女に伝えると、さっさと地下室に向かいました。

近所のジジババは、義親と親しいようですが、彼女は初めて会う人ばかり。

「ご結婚おめでとう!こんな素敵なおうちに住めるなんて、幸せものねぇ」

「義親さんも幸せよ。こんなに近くに住んでいるんだから、いつだって遊びにこられるじゃない」

がやがやと賑やかなジジババの言葉に、彼女は自分の顔が引きつっていくのを感じました。みんな、これまで何度も新居に来ているのか、勝手知ったる家のように、洗面所やトイレを我が物顔で使い、地下室に行ってしまいました。

なんと、あの贅沢な地下室は、義親が主催するカラオケ大会や、懐かしの映画鑑賞会、社交ダンスの会場として使われていたのです。

義親とジジババの姿が完全に見えなくなった瞬間、彼女は血相を変えて旦那につめよりました。