腹筋女子になれる簡単トレーニング 増木克存さん

筋トレ女子になって体を引き締める!正しいトレーニング法とは?


痩せるために、筋トレやウォーキングをしても、なかなか痩せないという声が多いのですが、原因はなんでしょうか?

「『細くする』と『引き締める』のは似ているけれど異なるものです。例えば、鶏肉で考えてみましょう。羽を動かすときに使う胸肉やささみ肉には脂肪がありません。反対に、鳥としてあまり使われないモモ肉には脂肪がたっぷりありますよね。

これを人間にたとえると、人間のふくらはぎや太ももは「胸肉やささみ肉」のイメージで、ここが太い理由は、この部位ばかりを使い過ぎているため、筋肉が発達し過ぎて太くなってしまっているのです。

反対にモモ肉などの部分は、人間の「ウエストや二の腕」にあたり、日常生活の中であまり使われていないので、脂がのって霜降り状態になってしまっているんです。

使い過ぎて太くなった太ももは細くするために使い過ぎないように意識して、使わないために脂肪がついてしまった二の腕は引き締めるように、それぞれ区別して考える必要があるのです」(増木先生)

筋トレ女子におすすめメニュー!全身を引き締めるウォーキング法とは?


自分で簡単にできる効果的な筋トレ法があれば教えてください!

「痩せるために行うウォーキングでも、例えば胴体の力(=体幹)がうまく使われずに、足の筋肉ばかりに頼って使い過ぎていると、太ももやふくらはぎが太くなってしまい、一向に細くなりません。

それを解消して、本当に全身を引き締めることができるウォーキング法とは、『背骨』を中心とした体幹(背骨〜肩甲骨・骨盤までのライン)を意識する歩き方です。

常に、背骨を意識して歩くと腹圧がかかってお腹がすっと引きあがり、自然と、二の腕やウエストをひねりながらスイングするような歩き方になります。
これは、足の筋肉だけに頼っていたときの歩き方とは異なり、腹筋、ウエスト、二の腕などの筋肉を使い、歩くだけで体全体の筋トレをしているような理想の状態を作れるのです」(増木先生)

筋トレは体の中から健康にしてくれる!


筋トレ女子は元気だという噂があるのですが、筋トレと健康に何か関係はありますか?

「背骨を意識してその周辺の筋肉を使うことは、背骨やその周辺に連動している内蔵や血管すべてを動かすことになるので、まさしく『内蔵のセルフマッサージ』になるということができます。

これがきっかけとなって内臓も正しい位置に戻りますし、内臓疾患が関係した腰痛などは症状が軽くなることも多いんです。また、血流、リンパ、ホルモンなど、体の健康にかかわるあらゆる要素を良い方向へと導いてくれます。

まずはしっかりと体幹を意識して日常生活を送り、時間があるときはウォーキングなどにそれを活かしてトレーニングしていくことが理想です。いずれにしても、自然な動きの中で、背骨を意識していくことがポイントといえます」(増木先生)

筋トレが体の外側だけでなく、体の中もキレイにしてくれるとは驚きです。背骨を意識したウォーキングで、本当の意味での全身のキレイを手に入れましょう!

■監修
増木 克存 さん
キックボクシングジム バンゲリングベイ
フィジカルトレーナー
美容家プロフィール