気づけば床が抜け毛だらけ…どうして抜け毛が起こるの?


1

「朝起きて枕を見て見たら髪の毛がたくさん落ちていた」
「ドライヤーで髪を乾かした後、床を見て見たら大量の抜け毛があった」

このような経験がある女性は多いのではないでしょうか。自分の髪の毛が大量に抜けるとショックですよね。一般的に抜け毛は女性よりも男性のほうが起こりやすく、加齢が主な原因だといわれています。しかし最近では、年齢に関係なく、若い女性でも抜け毛に悩む人が増えているといいます。そもそも、なぜ抜け毛が起こるのでしょう。まずは女性の抜け毛が起こるメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

一般的な抜け毛は、年齢を重ねることによって、頭皮や毛母細胞が老化することにより起こるといわれています。一方で、年齢に関係なく起こる抜け毛や、急激に症状が悪化する抜け毛にはほかの原因があるといわれています。その原因が、ターンオーバーが正常に機能していないことです。

肌と同じように、髪の毛も一定のサイクルで生まれ変わっています。髪の毛のターンオーバーのサイクルのことをヘアサイクルといいます。ヘアサイクルにより、健康的な髪の毛も抜けることがありますが、何らかの原因でヘアサイクルが乱れてしまうと、通常のサイクルよりも早めに抜け落ちたり、髪の毛が痩せてしまったり、生える髪の毛の量自体が減ったりします。

ストレスが関与?抜け毛が起こる原因


2

ヘアサイクルの乱れにより、抜け毛が起こることはわかりましたが、ヘアサイクルを乱す原因にはどのようなものがあるのでしょうか。ヘアサイクルの乱れは髪にストレスが加わることで起こるといわれています。ストレスといっても心身面に加わるものはもちろん、意外なものが髪の毛にストレスを加えている場合もあるので注意が必要です。女性の抜け毛を引き起こす主な原因は以下の通りです。

●出産
「産後はブラシで髪をとかすな」といわれてきましたが、ブラッシングをしなくても、産後は髪がぬけやすくなります。これは妊娠や出産により、ホルモンバランスに乱れが生じるためです。さらに、ママの栄養は赤ちゃんに優先的に運ばれるので、髪の毛にも十分な栄養が行きわたらず、抜け毛が起こりやすくなるといわれています。出産による抜け毛は一時的なもので、多くの場合、産後半年〜1年以内に治まるといわれています。

●遺伝
遺伝性の抜け毛はアンドロゲン性脱毛と呼ばれています。アンドロゲン性脱毛は、男性のような脱毛が起こるという特徴がありますが、症状の現れ方は男性に比べ軽症だといわれています。

●紫外線
紫外線対策というと顔や手足を想像しますが、最も紫外線のダメージを受けやすい部分は頭皮や髪の毛だといわれています。紫外線を浴びると頭皮や髪の毛はストレスを受け、抜け毛が起こりやすくなるといわれています。

●ダイエット
過度な減量をともなうダイエットを行うと、栄養不足になるなど身体に大きな負担がかかります。これにより髪の毛に栄養が行きわたらず、抜け毛が起こることがあると考えられています。

●ヘアカラーやパーマ
ヘアカラーやパーマは比較的簡単にイメージチェンジができるという利点がありますが、過度なカラーリングやパーマは髪の毛に負担をかけ、抜け毛の原因になるといわれています。また、スタイリング剤も髪の毛には刺激となるので、特に根元にはつけすぎないように注意しましょう。

●誤った頭皮ケア
頭皮は顔と一枚の皮で繋がっており、よく似た性質を持っています。つまり、とてもデリケートな部分なので、強い力を加えたり、爪を立てたりしてシャンプーをすると、頭皮は簡単に傷ついてしまいます。このほか、洗浄力の強いシャンプーの使用も頭皮にストレスを与えてしまいます。

●貧血
髪の毛の栄養は血液から取り込まれています。このほかにも血液には酸素を運ぶなど重要な働きがあります。貧血が起こり、血流が悪くなると十分な栄養や酸素が行き届かなくなり、抜け毛が起こるといわれています。

●乾燥
髪の毛の健康にかかわる栄養素には、ビタミンB2やビタミンAなどがあげられます。これらの栄養素が不足し、肌が乾燥するとフケが出やすくなるほか、髪の毛自体もダメージを受けやすい状態になり、抜け毛が起こりやすくなるといわれています。

このように女性の抜け毛の原因にはさまざまな種類があります。

抜け毛になりやすいシーズンはある?気をつけたい季節


3

抜け毛は起こりやすくなる季節があるといわれています。それはいつなのでしょうか。紫外線が抜け毛の原因になるといわれて、ビーチやプールなど、屋外でのレジャーに出かける機会が増える、夏に抜け毛が増えるのでは…?と考えた人も多いでしょう。しかし、抜け毛が起こりやすくなる季節は夏ではありません。一般的に抜け毛は秋に増えるといわれています。しかし、その理由はやはり、夏の過ごし方にあるようです。

夏は髪や頭皮にダメージが加わる機会が増えます。主な原因は以下の通りです。
●紫外線
プールやバーベキューなど外で過ごす機会が増える夏ですが、顔や手足への紫外線対策は行っていたとしても髪や頭皮までケアが行き届かないという人がほとんどでしょう。夏の強い日差しにより頭皮や髪の毛の健康が損なわれてしまいます。

●海水や塩素
海水に含まれる塩分や、プールの水に含まれる塩素は髪の毛や頭皮に強い刺激を与えます。また、海水やビーチでついた砂などの汚れを落とそうとして、いつもより強い刺激を加えて洗ってしまうのも逆効果です。

●夏バテ
夏バテにより、十分なエネルギー摂取ができなかったり、十分な睡眠時間の確保ができなかったりすると髪の毛や頭皮に負担がかかり、抜け毛を引き起こしてしまうようです。

さらに、人間の身体について、秋はもともと抜け毛が起こりやすいという意見もあります。これは、動物の毛が生え変わる時期と重なっており、特に秋は寒い冬に向け、毛母細胞の入れ替えが起こることで抜け毛が起こると考えられています。春よりも秋の方が抜け毛は起こりやすくなり、その量は春の3倍ともいわれています。

自宅でできる簡単ヘアケアで抜け毛を予防しよう♪


4

女性の抜け毛を引き起こす原因はさまざまですが、シャンプーや頭皮マッサージなどのヘアケア方法を工夫することで抜け毛を予防できるといいます。さっそくその具体的な方法についてチェックしていきましょう。

●シャンプー
シャンプーのすすぎ残しがあると、頭皮は酸化し、傷んでしまいます。リンスやトリートメントは濯ぎすぎもよくないので、3〜5分程度の時間をかけ、しっかりシャワーをあてて洗い流しましょう。

●頭皮マッサージ
頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を良くし、毛根にしっかりと栄養を届けることができます。シャンプーとともにマッサージを行うひと手間を加え、抜け毛の予防効果を高めましょう。頭には血行促進に効果が期待できる2つのツボがあるので、これらを刺激すると良いようです。

・百会
耳の上端を親指で押さえます。この状態で中指同士を頭頂部に向かって伸ばし、くっついたところが百会です。刺激するときは中指の腹を使ってツボを軽く押し回します。10〜20回ほど繰り返しましょう。

・天柱
首の後ろにある髪の毛の生え際の部分のツボを天柱といいます。天柱は少しくぼんでいるので比較的簡単に見つけることができます。天柱を刺激するときは左右の中指を立てて、同時にゆっくり押していきます。10回軽く押し当てたら、10回押し回します。

●ドライヤー
ドライヤーを適当に当てて髪を乾かすと頭皮が必要以上に乾燥してしまったり、逆に無駄な湿気が残ってしまったりします。おすすめの方法はタオルを被って、ドライヤーを乾かすという方法です。普通にドライヤーをあてるときよりも短時間でしっかり乾かすことができます。

●ブラッシング
ブラッシングで適度な刺激を頭皮に与えるのも抜け毛予防に効果的です。ブラッシングの方法をステップごとに確認しましょう。

1.毛先にクリームやオイルをつけてなじませます
2.もつれてしまいがちな毛先から内側に向かってとかします
3.頭皮にブラシをあてて、頭の形に添ってゆっくり毛先に向かってとかします
4.首の付け根から上に向かってゆっくりとかします

髪が濡れた状態でブラッシングをすると、髪の表面にあるキューティクルが剥がれて、髪が傷んでしまいます。ブラッシングはドライヤーでしっかり乾かした後に行いましょう。

また、ブラシにはさまざまな種類があるので、それぞれの特徴を把握し、自分にあったものを使用することも大切です。

【ブラシの種類】
●天然毛ブラシ
イノシシや豚の毛でつくられたブラシです。天然毛ブラシは毛の密度が高いので定期的なクリーニングが必要というデメリットがありますが、静電気が起こりにくく、髪にツヤを出せるという利点があります。就寝前に頭皮の血行促進やツヤだし効果を期待して使用するのがおすすめです。

●木製ブラシ
天然毛ブラシと比べ、クッション性がないという特徴があります。頭皮を傷つけないよう、力加減には注意が必要です。しかし、その一方で、静電気が起こりにくいという利点もあります。髪の毛の量が多い方におすすめのブラシです。固めのつくりなので、高いマッサージ効果が期待できます。

●ナイロン・ポリエチレン製ブラシ
静電気が起こりやすく、切れ毛や枝毛の原因になるブラシです。静電気防止加工が施されたものもあるので、探してみるとよいでしょう。ブラシの目は比較的荒く、お手入れはしやすいです。シャンプーの前に使用するのに向いているブラシです。

食生活の改善も効果的!すぐにできる抜け毛対策法


5

生活習慣を見直すことで抜け毛を予防することができるといわれています。食生活の改善はもちろん、十分な睡眠時間を確保するなどして過度な抜け毛を予防しましょう。

●食生活の改善
過度なダイエットを行うなどして、十分な栄養を摂らなかったり、栄養バランスに偏りがあったりすると抜け毛が起こりやすくなります。食事は1日3食、栄養バランスの取れたものをできるだけ決まった時間に取るようにしましょう。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質でできているため、魚や乳製品などの、タンパク質を積極的に摂取しましょう。また、血行促進効果が期待できるビタミンEを多く含む食べ物もおすすめです。ナッツ類はビタミンEとタンパク質を同時に摂取できる万能食材です。まずは特におすすめしたい3つの食べ物を紹介します。

●さやいんげん
タンパク質とともにアミノ酸のアスパラギン酸を多く含んでいます。アスパラギン酸はヘアサイクルを活発にし、美しい髪を作ってくれるのに役立ちます。

●さやえんどう
タンパク質を豊富に含んでいます。髪の毛の健康に効果があるといわれているアミノ酸のリジンも多く含んでいます。

●ゴマ
タンパク質はもちろん、ビタミンEやミネラルがたっぷり入っています。煮物やおひたしのアクセントに振りかけるだけで手軽に摂取できるという点でもおすすめの食べ物です。

このほかにも以下の食材は特に髪の健康に効果があるといわれている成分が含まれているので、毎日の献立に上手に取り入れるよう、意識するとよいでしょう。

・サーモン
・乳製品
・たまご
・牡蠣
・鶏肉
・緑黄色野菜
・アーモンド

●睡眠時間の確保
十分な睡眠時間が確保できていないと、その日のうちに疲れをとることができず、身体に負担がかかります。睡眠不足は抜け毛の原因になるだけでなく、肌の調子を悪くする原因にもなるので、注意が必要です。夜更かしはしないで、疲れはその日のうちに取れるよう、十分な睡眠時間を確保しましょう。

●身体を温める
身体を温めることで良質な睡眠がとれるようになるだけでなく、血行促進効果が期待できるので、髪の健康に繋がります。ゆっくりと湯船に浸かるなど、入浴方法を工夫してみるほか、靴下を重ねてはくなどの対策がおすすめです。

いかがでしたか?抜け毛は加齢により起こるといわれていますが、髪の毛や頭皮にストレスが加わると年齢に関係なく、若い女性にも抜け毛は起こると考えられています。髪の毛や頭皮に加わるストレスは生活習慣の乱れや間違ったヘアケアが主な原因だといわれています。髪の毛の健康を維持するためにまずは正しい方法でシャンプーを行う習慣をつけてみましょう。