日焼けに効く食材とその効果


*アロエ
日焼けにはアロエが効くと言われています。その理由はアロエに含まれるクロトン誘導体がしみの原因でもあるメラニン色素の発生を抑えてくれるからです。また新陳代謝を正常にしたり、殺菌や消毒作用もあるのでお肌に良い植物です。

*トマト
トマトには多くのリコピンが含まれています。このリコピンは赤い野菜や果物に含まれるカロテノイド色素で、植物はこの色素を太陽から身を守る際に活用すると言われています。そのため、トマトのようなカロテノイドが多く含まれた野菜を摂取することで日差しへの耐性がつくられます。

*ブロッコリー
緑色の野菜には、日焼け防止効果があると言われています。またブロッコリーにはβカロチンや葉酸、ビタミンA・C・Eが含まれており、日焼けしてしまった肌への修復にも効果があります。

*さつまいも
さつまいもにはβカロチンが豊富に含まれているため、日焼け対策に効果があります。

日焼けには日焼け止め以外のケアも必要


日焼け止めを塗ることはもちろん大切ですが、日焼け止め以外にも日焼けの予防には様々な心がけが必要です。

特に日焼けをしてしまった後の肌は赤くヒリヒリしたり、肌がとてもデリケートな状態になっています。前項で紹介した食物を摂取することはもちろん、早く寝てお肌を修復したり、水をこまめに摂取してお肌を内側から潤したり、化粧水を肌に塗って外側からも潤いを与えるなどです。

普段から日焼け対策やケアをしっかりとして、後に残さない美しい肌を維持できるよう心がけましょう!