なぜ歯にはホワイトニングが必要なの?


ホワイトニングの必要性

まずは、歯が黄ばんでしまう理由を知ることが、効果的な歯のホワイトニングをおこなうための第一歩です。歯の黄ばみの原因は大きく分けて二つあります。

●表面的な着色汚れ
ひとつめは、色の濃い食べ物やタバコのヤニによる表面的な着色汚れです。歯磨きなどの物理的な方法で、ある程度の汚れを落とすことができると言われています。

●エナメル質内部に沈着した汚れ
歯には象牙質の層、それを覆うエナメル質の層があります。このエナメル質の層の、主に外側に付着している汚れが表面的な汚れです。対してエナメル質の表面だけでなく内部にまで汚れが及んでしまったり、経年変化によって内側の象牙質の層が黄ばんでしまったりした場合は、過酸化水素によるホワイトニングが必要になります。これは歯の漂白だと考えていただくと、わかりやすいかもしれませんね。

自宅でできるホワイトニング!歯を白くする方法


歯磨きする女性

では、具体的に黄ばみの原因を知った上で、ホワイトニングにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。表面的な汚れを落とすホワイトニングの方法には以下のようなものがあります。自宅で取り入れられる方法からご紹介していきましょう。

●ホワイトニング歯磨き粉を取り入れる
歯磨き粉の多くは、研磨剤と言われる歯の表面の着色を削って落とす成分が含まれています。近年ではこの研磨成分が工夫され、まず汚れを浮かせて、それから汚れを落とすというような補助的な成分を含んだ歯磨き粉もあります。歯磨き粉ならば取り入れやすいですし、いろいろ試してみていただくのが良いかと思いますが、製品によっては研磨成分が強すぎるものもあり、磨きすぎると歯や歯茎を傷つけてしまうことも。コーティングができるフッ素を合わせて使うなど、正しい使い方を知ることが大切ですね。

●歯の消しゴム
歯の消しゴムは、歯磨き粉に含まれる研磨成分を凝縮させ固めたものです。よく掃除に使われるメラミンスポンジのようなイメージしていただくと伝わりやすいでしょうか。こちらも研磨成分が強いので、使用には注意が必要です。

●重曹を使ったホワイトニング
掃除にも使われる重曹。食用のものを使えば、重曹もホワイトニングのプチプラアイテムとして取り入れることができます。ただし、掃除にも使われるということからも想像できるように、重曹ホワイトニングは厳密にはクリーニング効果を得られるものと言われており、漂白などのホワイトニング効果は期待できません。症状に合わせて取り入れていきたい方法です。

次に表面的な汚れを落とすために、自宅以外でおこなうホワイトニングの方法もご紹介します。

●歯科医院でクリーニング
どうしても落ちない表面汚れは、プロの力を借りるのが一番です。特に、汚れが固まってできた歯石は細菌の温床になりうるもの。虫歯に変化させないためにも、気になる頑固な汚れがある場合は歯科医院でクリーニングをおこなうのがオススメです。

●セルフホワイトニング
セルフホワイトニングは歯科医院ではなくエステサロンでおこなったり、セルフホワイトニング用のサロンでおこないます。
説明を受けてから自分で歯を磨き、ジェルを塗るなど自分で施術することからセルフホワイトニングと言われていますが、それは日本では医師、歯科医師、歯科衛生士以外が口の中を触れるのは法律によって禁止されているためです。
歯科医院でおこなうホワイトニングは医薬品の漂白剤を使用しますが、セルフホワイトニングでは医薬品を使用することができないため、市販のクリーニング剤を使用します。そのため歯の表面汚れを落とす効果は期待できますが、プロのホワイトニングのような漂白効果は期待できません。

では、歯の表面ではなく内部に蓄積してしまった汚れにはどのようなホワイトニングが良いのでしょうか?
内部に蓄積した汚れを漂白できるのは、現在は過酸化水素(尿素)という薬剤しかありません。しかし、この薬剤は日本では法律上歯磨き粉に使用することができないのです。審美歯科先進国であるアメリカでは、安全のためごくわずかではありますが過酸化水素を含んだ歯磨き粉も売られています。しかし、当然日本では売られていないので、海外からの直接購入や個人輸入と言った方法でしか手に入れられません。

●歯のホワイトニングテープ
過酸化水素を染み込ませたテープを貼り付けておこなう、ホワイトニングテープの使用は、自宅で行えるホワイトニング方法の一つです。上記の通り日本では市販されていないため海外から個人で取り寄せる形で購入できます。

●オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは、高濃度の過酸化水素を使って歯科医院でおこなうホワイトニングです。場所やメーカーによって様々なシステムがありますが、基本的な原理は同じだと言われています。近年は光触媒を薬剤に混ぜてLEDなどの光を照射し反応を促進するタイプが増えています。光を当てている姿をよくテレビなどで見かけますよね!

●ホームホワイトニング
あらかじめ歯科医院で問診を受けマウスピースを作成し、自宅にてそのマウスピースに薬剤を入れて装着するというホワイトニングです。薬剤は過酸化尿素が使われることが多いですが、安全面を考慮して低濃度で作られます。そのため時間や期間がかかりますが、家でできるという手軽さが魅力的な方法です。

ホワイトニング歯磨き粉が良い理由とは


ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉の使用は自宅でできるホワイトニングの中でも取り入れやすい方法の一つですが、日本で売られているホワイトニング歯磨き粉には過酸化水素は含まれておらず、歯の漂白効果はありません。しかし、タバコのヤニや、ワインやコーヒーなどによる歯の表面の着色汚れには効果を期待できます。
より効果的にホワイトニング歯磨き粉を取り入れるポイントを見ていきましょう。

●磨きすぎない
表面の汚れを落とすという効果は、研磨剤によるものがほとんどです。しかし、研磨剤で磨きすぎてしまうと歯のエナメル質が削れてしまったり、歯茎にダメージを与えたりし、知覚過敏の原因や虫歯になるリスクを高めてしまうことも。また、歯のエナメル質が薄くなると、内部の象牙質の層の色が目立ち、かえって黄ばんで見えてしまうこともあります。
柔らかめの歯ブラシを使い、力を入れすぎないように磨くことがポイントです。磨く際には歯茎に当たらないようにし、頻度も毎日ではなく間隔を開けて使う方が良いでしょう。

●フッ素コートジェルを使う
研磨剤での磨きすぎに注意が必要なホワイトニング歯磨き粉には、フッ素コートジェルの併用がオススメです。ホワイトニング歯磨き後にフッ素で歯をコーティングすることで、磨きすぎを防ぐことができます。

●選ぶ際のポイントは?
ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際のポイントとして、ひとつは研磨剤が微粒子で入っていることです。研磨剤は粒が大きいほど、歯を削る力が強いもの。研磨剤の粒子が細かくなることで歯への負担を減らしながら汚れを効果的に落としていけると言われています。
そして最近では、汚れをより効率的に落とすための補助成分が含まれる歯磨き粉も売られています。イオンの力で汚れを浮かせたり、汚れの原因となるたんぱく質を分解する酵素の力を配合したもので、それらの働きにより、研磨成分を弱めても汚れはしっかり落とせるため、歯に優しい歯磨き粉と言えるでしょう。

汚れを消してホワイトニング?歯の消しゴム


スポンジ

歯磨き粉に含まれる研磨成分を凝縮し固めた歯の消しゴム。メラミンスポンジに近いイメージですね。表面的な汚れを落とすのに効果があるとい言われ、特に歯と歯の間の汚れが気になる場合にオススメです。

●歯の消しゴムの使用法
歯と消しゴムの水気をとり、白くしたい歯を優しく擦ります。使用後は水でうがいをしたら終了です。消しゴムが汚れた場合は、1mm程度カットします。

使用法はこのようにとても簡単で自宅で気軽におこなえる他、外出先でもできる手軽さが魅力です。ホワイトニング歯磨き粉同様、研磨成分があるものなので磨きすぎには注意が必要です。さらに、歯茎には当たらないように使用しましょう。

市販されていない?歯のホワイトニングテープ


ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープは、1日に1回歯にテープを貼るだけでホワイトニングができるというもの。アメリカでは知らない人の方が少ないというくらい普及しています。しかし、歯の漂白効果のある過酸化水素を含むホワイトニングテープは、日本では法律の問題で市販されていません。個人で海外から取り寄せることは可能であるため、そのメリットやデメリットを踏まえて取り入れてみるのは良いかもしれません!

●使い方
テープの使用前は歯をブラッシングしますが、何もつけずに水のみで磨くのがポイント。こうすることで薬の浸透がよくなります。
歯をブラッシングしたらテープを貼っていきます。ジェルがついている面が歯に当たるように貼り付け、余った部分は折り返して歯の裏側へ。歯並びが悪い方などはあらかじめ切り込みを入れるなど、すべての歯に薬がきちんとつくように工夫する必要があります。

●メリットとデメリット
メリットとしては手軽でありながらその高い漂白効果が挙げられます。内部に沈着した汚れをも白くすると言われているその漂白効果は、自宅でできるホワイトニングではなかなか得られるものではありません。
反面、それほどまでに効果が強いということは薬剤も強いということ。長時間放置すれば炎症を起こす可能性もあります。決められた使い方をしっかり守って使用することが大切です。
また、続けることも重要なポイントになります。求める白さになるまで少しずつ白くなっていきます。結果を急がずじっくり取り組んでいきたいものです。

口コミで広まる歯の重曹ホワイトニングの実態


重曹ホワイトニング

重曹は昔から料理や掃除に使われる万能なアイテムですが、近年ホワイトニング効果もある?!と話題になっていますよね。口コミでひろがる重曹ホワイトニングについて見ていきましょう。

●効果はあるのか?
重曹ホワイトニングは安価で取り入れやすいものですが、果たしてその効果はあるのでしょうか?結論から言うと、掃除にも使われるようにクリーニング効果はありますが、歯を根本から白くするようなホワイトニング効果はありません。しかし、歯の表面をきれいにすることや、虫歯や歯周病、口臭予防にも効果があると言われておりプチプラ万能アイテムであることに変わりはないですね!

●やり方
歯ブラシに直接つけるか、歯を磨きやすいようにハッカ油やグリセリンと混ぜてペースト状にして使う場合もあります。また、重曹うがいと呼ばれる方法もあり、ティースプーン一杯の重曹を500mlのお水に溶かしてうがいをするというものです。食後や歯磨き後におこなうと虫歯や口臭予防に効果があると言われています。

このように添加物の入っていない歯磨き粉と捉えると効果もあり試してみる価値のある重曹ですが、磨きすぎると歯を削ってしまうことがあります。磨きすぎに注意しながら取り入れてみると良いですね。

ペンでホワイトニング?歯を白く保つ習慣とは


歯を白く保つ習慣

自宅でおこなえるためプチプラにおさえられるホワイトニングをご紹介してきましたが、そうして白くした歯を白いまま維持することも大切です。
そんな歯の状態を維持するのに便利なアイテムが「ホワイトニングペン」です。その名の通りペン状になっており、唾液などを拭き取って乾燥した歯にマニキュアのように塗るだけ。こうすることでホワイトニングした歯を白く維持しやすくなると言われています。

●ホワイトニングペンの注意点
日本製のものと海外製のものがありますが、これら二つには決定的な違いがあり、日本製のものには漂白成分が含まれていません。ホワイトニング効果の高さを重視する場合は海外のものが良いですが、薬剤が強いものは炎症を起こす可能性もあるので、初めて使う場合には歯科医師に相談してから使うと安心です。

こうしたホワイトニングペンなどの利用も、歯を白く維持するためには大切ですし、生活習慣を少し見直すだけでも違いがあると言われています。コーヒーやワインなどの濃い色の飲食物を控えたり、食後にはなるべくすぐにブラッシングをしたりするように心がけるなど、日常からおこなえることがたくさんあります。歯の白さを保ちたい!という場合にはぜひお試しください。

知って嬉しい歯のホワイトニング費用ランキング


ホワイトニング費用

自宅ホワイトニングが話題になる理由として、その手軽さ以外に価格の安さもあるのではないでしょうか。ホワイトニングというと価格が高いイメージがありますよね。しかし歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングの価格には差があり、また歯科でマウスピースを作ってから自宅でケアをしていくホームホワイトニングなども含めると値段の差はかなり大きくなります。

●オフィスホワイトニングの相場
歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングの料金相場は、一般歯科で1回30,000円〜50,000円程度。ホワイトニング専門の歯科の場合は1回5000円からというものもあり、相対的に一般歯科より安く受けられることが多いと言われています。

●ホームホワイトニングの相場
ホームホワイトニングは、一般歯科で1回20,000円〜40,000円程度。ホワイトニング専門歯科で1回15,000円からと、こちらもホワイトニング専門歯科の方が安く受けられることが多いです。ホームホワイトニングは初回にマウスピースを作るため費用がかかりますが、それ以降は薬剤を追加購入をするだけなので自宅でホワイトニングを継続することができます。薬剤の購入費用の相場は1〜2週間分で5,000円〜10,000円程度になっています。

このように料金の差がある理由に、ホワイトニングには保険が効かないという点があります。自由診療となっているため、それぞれの歯科医院で値段が決められているのです。

●オフィスホワイトニングの低料金ランキング
オフィスホワイトニングといっても施術の本数やライト照射回数、税抜き表示になっていたりと価格を比べづらいものですが、ここでは標準的な施術についての税込価格で調査しました。

1位:6,900円(16本ライト照射3回)
2位:8,640円(16本ライト照射3回)
3位:10,800円(16本ライト照射2回)

●ホームホワイトニングの低料金ランキング
ホームホワイトニングの施術として、初回のマウスピース制作費と薬剤処方合計の税込価格を調査しました。

1位:10,260円(薬剤30日分)
2位:16,800円(薬剤14日分)
3位:21,600円(薬剤14日分)

このように健康保険の適用外になるホワイトニングは、歯科医院によってシステムや考え方の違いにより価格にはかなり差があります。しかし、安ければ安いほど良いというわけではなく、高めの医院の場合はじっくり丁寧に施術してくれると言った場合もあります。ホームページなどで先に調べて、自分の考えに合った医院を選んでいただけるのが良いのではないでしょうか。


ホワイトニングと言っても様々な方法があり、簡単に安く取り入れていくことができるものも多くあります。自宅でおこなえるプチプラなホワイトニングを試してみて、もっと高い効果を感じたくなったら歯科医院でじっくりオフィスホワイトニングをするというのも良いかもしれません。生活習慣を見直しながら、ぜひ白くて美しい歯を手に入れていきましょう!