髪の毛こそ日焼けに注意!深刻なダメージヘアになってしまうかも…


髪を綺麗に見せてくれるメラニン色素は、紫外線の影響を受けやすいと言われています。メラニン色素が分解されると、髪の毛が茶色になって傷んで見えてしまいがち。

それだけでなく、紫外線により髪が乾燥してキューティクルが剥がれ落ち、切れ毛や枝毛が増えて髪の毛全体がパサパサして不健康な印象に見えてしまうのです。

お肌だけではなく、しっかり髪の毛にも紫外線対策をして艶髪を目指しましょう。

 髪の毛の日焼けを防ぐ簡単なヘアケア法


必ず出かける前には、髪の毛に日焼け止めスプレーを振りかけて紫外線のカットを心がけることが大切です。最近では髪の毛用の白くならない日焼け止めスプレーが多く販売されており、トリートメント効果も期待できるものが増えてきています。帽子を被っていても、毛先が露出してしまいがちなので、日焼け止めスプレーを忘れずにつけておきましょう。

日焼け止めスプレーで紫外線対策をしていても、紫外線によるダメージは深刻。シャンプー後のトリートメントをして傷んだ髪をいたわってあげてくださいね。

また、頭皮が日焼けして赤くなってしまった場合は氷水を入れた袋を頭皮に当ててクールダウンさせるといいでしょう。夏は特に髪の毛が傷みやすいので優しいヘアケアを心がけてくださいね。

紫外線に負けない美しい髪の毛を手に入れて


日焼け止めスプレーを持っていない方は、髪の毛をしっかり束ねて帽子や日傘などの紫外線防止グッズを利用するのも効果的ですよ。 デリケートな髪の毛を優しくケアして、日焼けに負けないツヤツヤの美髪を目指してみてはいかがでしょうか?