美肌力アップ!正しい大人ニキビ対策 矢沢真子先生

大人ニキビと10代のニキビ!その違いや原因とは?


しつこい大人ニキビ!10代とは違う原因と正しい治し方とは?

ニキビというと青春時代といった若い世代にできるというイメージがありますが、30代〜40代といった大人の女性の間でも、ニキビが出て困っているという女性が増えているようです。10代のニキビと大人ニキビとでは、その原因などに違いがあるのでしょうか?

「思春期にできるニキビと大人のニキビも、その根本となる原因は同じで『毛穴のつまり』です。男性ホルモンが増えることで、毛穴がつまりやすくなることが関係しています。女性の場合、赤ちゃんの時期、思春期、30代後半くらいに、男性ホルモンが増える時期があるといわれていて、大人ニキビの場合、そこにストレスやお化粧などさまざまな要因が加わることでできてしまうと考えられています。

つまり、ニキビができる基本的な部分は10代と同じであるけれども、大人ニキビの場合は、そこに複雑な要因が絡むことで、治りにくくなってしまう傾向にあります」(矢沢先生)

大人ニキビの正しい治し方!


しつこい大人ニキビ!10代とは違う原因と正しい治し方とは?

ニキビができてしまう原因は同じであっても、肌の状態は10代とは大きく違ってきますよね。大人ニキビを治すためには、どういったことが必要でしょうか?

「根本的な部分で最も大切なのは、毛穴をつまらせないということです。例えば、皮膚科など病院で処方される『毛穴をつまらせないようにする塗り薬』や、必要があれば炎症を抑える塗り薬や抗菌殺菌作用のある塗り薬などでケアしていくことが大切で、これは10代のニキビのケアと基本的には同じです。

ただ、大人ニキビの場合は、ストレス、生活習慣の乱れ、それらに伴ったホルモンバランスの乱れなど色々な要因が複雑に絡んでいるので、こういった面も見つめ直していくことがとても重要になってきます。
そのため、先ほどの基本的なケアに加え、皮膚科などで行っている『ケミカルピーリング』で肌全体の調子を整えたリ、肌の回復力を遅らせてしまう活性酸素を抑制するような作用が期待できる『サプリメント』やホルモンバランスを整える『漢方』などを飲んで体の中からもケアすることも大切です」(矢沢先生)

大人ニキビも基本的には若い人たちのニキビと同じであるのに、仕事やプライベートでがんばる大人の女性ならではの複雑な原因が絡んでいたのですね。基本的なケアだけでなく、皮膚科でのケアやサプリメントといったプラスαの部分にも注目して、しっかりケアしていきましょう。

■監修
矢沢 真子 先生
AOHAL CLINIC アオハルクリニック 日本形成外科学会専門医
ドクタープロフィール