美肌力アップ!正しい大人ニキビ対策 矢沢真子先生

たかがニキビ?大人ニキビを放置すると危険な理由


しつこい大人ニキビの放置は危険!「皮膚科で治療」のすすめ

ニキビなんて自然に治るものといった声も多いと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

「ニキビはできてから時間がたてばたつほど、治るのにも時間がかかってしまうという特徴があります。ニキビを放置したままでいると、『赤み』が残ってしまったり 、『シミ』になってしまう危険性が高いと言えます。
また大きく膿んでしまったようなニキビは、肌がでこぼこしてしまう『へこみ』になってしまうことがあります。この『へこみ』になってしまうと、それを元の平らな肌に戻すことは、難しくなってしまいます」(矢沢先生)

そうならないためには、どうしたら良いのでしょうか?

「実際に、来院される患者さんも、『ニキビ』自体の治療よりも、赤みやへこみなどの『ニキビ跡』を気にされて相談に来られる方の方が多いんです。そういった『跡』になりにくくするためには、 『予防という観点』がとても重要です。
昔ながらのニキビの治療は、抗生物質を塗って、できてしまったニキビをいかに早く治すかということが主流でした。でもこれからは、小さくできたニキビであっても、それが大きくなったり悪化するのを、いかに早い段階で防いで予防するのかということが重要になってくるのだと思います 」(矢沢先生)

皮膚科で行う大人ニキビ治療とは?お薬とは?


しつこい大人ニキビの放置は危険!「皮膚科で治療」のすすめ

予防的観点からみた、皮膚科で受けられるニキビ治療とはどういったものがあるのでしょうか?

「症状がひどい方には、抗生物質の塗り薬や飲み薬が処方される場合もありますが、皮膚科による治療の基本は、毛穴のつまりをとるような塗り薬による治療です。 また、ニキビ治療には保険の範囲で行う治療と、保険が適用されない治療があります。

■ケミカルピーリング
ピーリング剤という薬剤を肌に塗って、古い角質を除去するものです。ニキビの原因である毛穴のつまりをとるので、ニキビ治療にはとても有効です。古くなった角質を除去することで、肌全体の代謝を促し、ニキビはもちろん、シミを薄くしたり、コラーゲン生成を促して肌全体にハリを出す、開いた毛穴を引き締めるといった美容的な嬉しい効果も期待できます。

■イオン導入
肌に良い作用をもつビタミン類などを 、たっぷりと肌に浸透させることができるマシンによる治療です。美白の効果も期待できます。

■光治療
光や熱によって、ニキビ菌を殺菌したり、炎症を抑えるような効果がある医療機器(『クリアタッチ』や『フォトフェイシャル』など)を使った治療です。

■ニキビ注射
体の中からもケアするという意味で、ビタミンCやビタミンB群など肌に良い有効成分を配合した静脈注射です。

この他、ニキビに直接、有効成分を局所注射する治療もあります」(矢沢先生)

ひどいニキビ跡になってクヨクヨ悩んだり、後悔するよりも、早めに病院へ行って、ついでに美肌をゲットするのが得策のようです!

■監修
矢沢 真子 先生
AOHAL CLINIC アオハルクリニック 日本形成外科学会専門医
ドクタープロフィール