過度な保湿ケアで肌トラブルに?


やりすぎた保湿ケアはNG⁉︎シンプルで丁寧なスキンケアで美肌へ

一般的なスキンケアは、化粧水→美容液→乳液やクリームという手順が多いのではないでしょうか。でも、まだまだ乾燥が気になる、将来シミやたるみなどの肌老化を引き起こしたくない!と言って、さらにシートマスクや部分用クリーム、美容オイルをたっぷり塗り込んだ過度な保湿ケアは、毛穴が詰まってニキビや吹き出物などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

良かれと思って重ね塗りしたり、保湿をしすぎたりすると肌にとっては負担になってしまいがち…。

シンプルで丁寧な保湿ケアが一番!


やりすぎた保湿ケアはNG⁉︎シンプルで丁寧なスキンケアで美肌へ

美肌に近づくには、やりすぎな保湿ケアではなく、自分の肌の状態に見合った適切な保湿ケア・スキンケアをすることが大切です。若いうちから高級化粧品を使うと肌を甘やかしてしまって良くない…とも聞きますが、実際は問題ないそうです。

ここで言うシンプルなスキンケアとは、化粧水のあとに肌悩みへアプローチする美容液を馴染ませ、乳液かクリームのどちらかで蓋をするスキンケアのことです。スペシャルケアとして週に1回はシートマスクを使ったり、お風呂にオイルを使ったマッサージをしたりと、たまにオイルやシートマスクなどを使ったケアをすると効果的ですよ。

あらゆる基礎化粧品を塗りたくるのではなく、その日の肌の状態にあわせて使い分けることも大切です。また、肌を触りすぎ・擦りすぎの刺激により炎症を起こしたり、色素沈着になってしまったりするケースがあるため、優しく触れる程度で丁寧なスキンケアを心がけてくださいね。

自分にあったシンプルな保湿ケアで美肌を目指して!


手元にある基礎化粧品を全部塗りこむような過度なスキンケアをすると、スキンケア化粧品に含まれる油分が肌の常在菌のエサとなり、異常増殖してニキビなどの肌トラブルへとつながってしまうこともあるため、最小限でシンプルなスキンケアをしていきましょう。

1週間のうちに何回かスペシャルケアを取り入れることで、より効果的に美肌に近づけるでしょう!