たるみ知らずのピンとした弾力肌になるにはお風呂上がりがキーワード!


内側からピンとした弾力肌はお風呂上がりのナイトクリームにお任せ!

顔のたるみは老けて見られてしまうことがあるため、上向きのお肌を目指したいですよね。毎日時間をかけたスキンケアができないという方も、お風呂上がりの念入りな保湿とマッサージでハリ肌を目指しましょう。

ナイトクリームとマッサージでたるみ肌にアプローチ


内側からピンとした弾力肌はお風呂上がりのナイトクリームにお任せ!

お風呂上がりの肌は血行が促進されて毛穴が開いていることが多いため、たるみケアに絶好なタイミングなのです。お風呂上がりすぐに2滴ほど美容オイルを馴染ませてブースター代わりにしてから、ナイトクリームを顔全体に伸ばしてマッサージをしていきます。

ナイトクリームを使う理由は、寝ている間に肌を補修する美容成分やハリ・弾力の成分が高濃度で含まれているものが多いからです。寝る前につけるナイトクリームをお風呂上がりに伸ばしてマッサージをすることで、より浸透しやすく弾力肌に導いてくれると期待されています。

マッサージのやり方は、顎を両手の親指で支えるように置き、人差し指と親指の間でフェイスラインに沿うようにグッと動かします。さらにグーの手にして頬骨からこめかみへ流していき、仕上げに首から鎖骨へ向かってリンパを流せばOKです。とにかく下から上にたるみを持ち上げていくイメージでマッサージをしていきましょう。

お風呂上がりのナイトクリームマッサージで弾力肌を手に入れて


お風呂上がりのお肌にすぐオイルを塗ってブースター代わりにしてから、ナイトクリームでマッサージをすることで、むくみ&たるみケアと保湿効果を一度に得ることができるでしょう。油分が多く感じた場合は、最後に優しくティッシュでオフしてくださいね。 ナイトクリームは、忙しい日の夜にさっと塗るだけで美肌効果を実感しやすいお助けアイテムになるでしょう。1つ持っておくと便利ですよ!