教えてドクター! 本当のキレイ&元気は腸活から! 真弓愛先生

腸活の正しい食事法―専門医がレシピを紹介 


腸活は食事から!正しい「腸活食」で痩せる・美肌になる!

腸活の第一のポイントは、食事にあると聞きました。そこで、腸活に良いレシピ(食材)とその理由を教えていただけますか?

「腸が喜ぶ食べ物ということがポイントになると思います。腸が喜ぶ食べ物とは、腸内に棲んでいる『善玉菌』が喜ぶ食べ物のことで、それらを与えて善玉菌を活性化・増加させることが腸活につながります。

■食物繊維…野菜、果物、海藻類など。中でも『水溶性食物繊維』は善玉菌の大好物。

■発酵食品…味噌、醤油、お漬物などは『食物性乳酸菌』が豊富で、腸内環境を整えてくれる。

■オリゴ糖…豆腐・納豆などの大豆製品、ゴボウ、アスパラ、バナナ、はちみつ、とうもろこしなどに多く含まれる。善玉菌の代表格である『ビフィズス菌』の大好物。

■菌類…きのこ、納豆、麹菌なども善玉菌の好物」(真弓先生)

どれも身近な食べ物ばかりで、これなら無理なくチャレンジできそうです。わざわざ料理する時間がないという方も、電子レンジ調理専用のシリコン容器を用意して、「きのこ類+好きな野菜」をキッチンばさみでちょっと切ってレンジでチンすればまな板いらずで、すぐに、おいしい腸活サラダができるからおすすめです!
市販のミックスビーンズ缶詰や大豆の水煮パック、お豆腐をトッピングすればさらに理想的なサラダが簡単にできるので、こちらもおすすめです。

腸活を助けるサプリメントもおすすめ


腸活は食事から!正しい「腸活食」で痩せる・美肌になる!

先ほどご紹介いただいた食材は身近なものばかりですが、忙しく働く女性などなかなか理想的な食事をバランス良くとれない方も多いと思います。そういった方でも、手軽にとれて腸活に良いものはありますか?

「私は『お味噌汁』をおすすめしています。中身は『豆腐』や『キノコ類』などが理想ですが、急ぎのときは『具なし』でもよいと思います。
味噌汁に含まれる乳酸菌が日本人に合うことが多く、腸内の善玉菌を増やす働きをするので、腸内環境を手軽に整えられる優秀な食材だと思います」(真弓先生)

お味噌汁を作らなきゃ!と力まなくても、時間がないときは入れてふやかすだけの「乾燥わかめ」や究極は「具なしもOK」というのなら時間のない方でもチャレンジできそうです。この他にもおすすめのものがあれば教えてください。

「乳酸菌には善玉菌と悪玉菌があり、腸内環境を整えるためにはそのバランスが大切です。ですから、食材などの工夫が難しい場合は、その乳酸菌の中の善玉菌をふやすための『乳酸菌生成エキスのメディカルサプリメント』などをおすすめします」(真弓先生)

真弓先生によると、メディカルサプリメントとはお医者様がその人の症状などを診断した上で出してくれるサプリメントのことで、市販のものより成分量や質が高いので一般に効果が高く、不要な添加物が少ないことから安全という点が特徴とか。

どうしても忙しくて「腸活食」ができないときは、そのことに落ち込んだり、ストレスを感じるのではなく、簡単お味噌汁やサプリメントの力をうまく借りて無理のない「腸活食」で心も体も元気になりましょう!

■監修
真弓 愛 先生
真弓愛メディカル美容内科・アンチエイジング内科 院長
ドクタープロフィール