泡立てネットはもう古い!? 新発想の洗顔とは?


泡立てネットはもう古い!? 洗顔フォームは「筆」で泡立てる!

夏が近づき、汗や皮脂の分泌量が増えてきました。その対策はしていますか?特に顔の汗や皮脂は、メイク崩れや毛穴のつまりを引き起こす原因になってしまうことがあるので、今からしっかりとやっておきたいですよね。そこで、今回ご紹介するのは【泡立て洗顔】です。

【泡立て洗顔とは?】
今までの泡立て洗顔といえば、泡立てネットなどを利用して手のひらでしっかり泡立ててから顔にのせて洗顔していた方が多いはず。しかし今回の方法は、洗顔フォームのペーストをそのまま顔にのせて、顔の上で泡立てながら洗顔していく方法です。

今までの方法では、細かい泡が毛穴の汚れや皮脂を浮かして洗い流すという発想でしたが、この泡立て洗顔は、ペーストを顔の上で泡立てる中で毛穴の汚れや皮脂を浮かし、古い角質も一緒に取り除くという発想の洗顔です。顔の垢すりをするイメージに近いでしょう。

毎日行う洗顔の中で、優しくゆっくりと確実に毛穴の汚れや皮脂を取っていくことで、肌本来の姿に近づき、毛穴の引き締めや、皮脂の分泌量を正常に戻すと期待されています。

洗顔ブラシ「筆」を使った泡立て洗顔の方法


泡立てネットはもう古い!? 洗顔フォームは「筆」で泡立てる!

洗顔ブラシを使った泡立て洗顔の方法をご紹介します。

【準備するもの】
・洗顔ブラシ
・いつもの洗顔フォーム

【洗顔方法】
1. 顔をぬるま湯でしっかり洗う
2. 洗顔フォームのペーストをそのままおでこ、鼻、頬、顎と5ヶ所に塗る
3. 洗顔ブラシを水で濡らして、顔にクルクルと回しながら優しく泡立てる
4. しっかり顔を洗ったらぬるま湯で泡をすすぎ落とす

※ブラシは水を含む前に顔に当てても痛くないものを選びましょう。

毛穴の汚れをゆっくりかき出すイメージでクルクルと回すと効果的です。1週間もすると肌が柔らかくなり、毛穴がすっきりしたことを実感できるでしょう。また、泡が立ってきたら、顎の下から上へ、おでこも中央からコメカミにかけてマッサージを取り入れることでリンパ液と血液の流れがスムーズになりやすく顔のたるみに効果的と言われています。ぜひ今夜から泡立て洗顔を始めてみませんか?