肌をヒリヒリと赤くするUVB(紫外線B波)とは?


UVAとUVB、それぞれ紫外線対策が異なるって知ってた?

太陽光線には種類があります。目に見える可視光線のほかに、赤外線やX線、ガンマ線などさまざま。もちろん紫外線もそのひとつで、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)と分けられています。このうちUVCはオゾン層に阻まれるため、地上に届くことはないそうです。

過去に夏の照りつける太陽の光で肌が真っ赤になった経験はありませんか?こうしたヒリヒリと肌が赤くなる日焼けはUVBが原因とされています。UVBは地上に到達する紫外線のうち、わずか5%ほどですが、波長が短くエネルギーがとても強いため肌表面の細胞を傷つけ、炎症を起こし、シミや皮膚ガンの原因になるとも言われています。

肌の奥まで届くUVA(紫外線A波)とは?


UVAとUVB、それぞれ紫外線対策が異なるって知ってた?

ではUVAはどのような紫外線なのでしょうか。地上に到達する紫外線のおよそ95%を占めるUVAは波長が長く、エネルギーが弱いため、皮膚をヒリヒリと赤くさせるような日焼けを起こすことはないそうです。そのため、UVBよりも肌への影響が少ないように感じるかもしれませんが、実は要注意の紫外線なのです。

UVAは波長が長いため肌表面だけではなく、皮膚の深い層にまで到達してしまう可能性があります。活性酸素を発生し、コラーゲンやエラスチンを変性させて、シワやタルミなどの原因になるとも言われています。さらに注意したいのは、UVAは雲や窓ガラスを通過しやすく、曇りの日や室内でも紫外線を浴びてしまうことがあるそうです。

UVAとUVBそれぞれの紫外線対策


UVAの影響はすぐには肌の表面に現れません。肌の奥「真皮」のターンオーバーは約5〜6年と言われており、紫外線を浴び続けたことで肌の弾力が低下し、シワやたるみの症状が表面に出てくるそうです。いまのうちからUVケアしておくことがとても大切なのです。UVAはじわじわと肌内部の破壊活動を続ける紫外線なので、曇りの日や室内にいても日々対策をすることが重要でしょう。

一方UVBはすぐに表面に現れるため、肌へのダメージがわかりやすい紫外線です。日差しの強い日には日焼け止めをしっかり塗るなど、状況に合わせた紫外線対策をしていきましょう。

日焼け止めは、UVBへの防御力を記したものはSPF、UVAへの防御力はPAで記されています。こまめに塗り直すなど、適切な紫外線対策で夏を迎えましょう。