シートマスクの効果を最大限に発揮してぷるぷる肌になりたい!


ぷるぷるもっちり肌を目指したい!シートマスクを効果的に使う方法

シートマスクには、くすみやシミを防ぐ美白マスク、ハリや弾力肌になれるエイジングケアマスク、毛穴の引き締めや保湿を重視したシートマスクと様々な種類がありますよね。

スペシャルケアとしてなりたい肌に合わせたシートマスクを選ぶのも楽しいですが、せっかくシートマスクを使うなら、効果を発揮してよりぷるぷる肌に近づける使い方をしてみたくありませんか?

シートマスクの効果を発揮する簡単な使い方


ぷるぷるもっちり肌を目指したい!シートマスクを効果的に使う方法

シートマスクを付けるタイミングは、お風呂で毛穴が開いて顔全体の血行が促進された状態がベストでしょう。できればお風呂上がりよりも、入浴中にシートマスクを付けるのがおすすめです。

化粧水で肌を整えてから、袋ごとお風呂のお湯で温めたシートマスクを顔全体に貼っていき、空いている目元や口元にはアイクリームを塗りこみます。この一手間で乾燥を防ぐことができるでしょう。

シートマスクを付けたら、蒸しタオルを上にのせて蒸気で浸透力をアップさせていきます。ここでポイントとなるのが、シートマスクの放置時間。入浴中にシートマスクを付けると、心地よくて剥がしたくない気持ちになりやすいですが、長い時間シートマスクを放置していると、肌に必要な水分を奪い、かえって乾燥してしまいます。放置時間を守りつつ、シートマスクの周りが軽く乾いてきたら剥がすサインです。

シートマスクは美容成分がたっぷり入っているので、剥がしたあとに美容液をつける必要はありませんが、仕上げにクリームを薄く伸ばして美容成分をぎゅっと閉じ込めてあげましょう。

お風呂でシートマスクをつければ、血行が促進されて毛穴が開いた状態なので美容成分がより浸透しやすく、柔らかくてもっちりとしたぷるぷる肌に近づけるはずですよ。

お風呂でシートマスクをしてぷるぷる美肌へ!


シートマスクは、週に1〜2回がちょうど良いペースだと言われています。紫外線を浴びすぎた日には美白シートマスク、もちもちのハリ肌を手に入れたいときにはエイジングケア用のシートマスクと、なりたい肌や自分の肌悩みによって使い分けるのも楽しみのひとつになるはずです。

シートマスクをお風呂で使って効果をアップさせるスペシャルケアにトライしてみてくださいね。