汗や皮脂、紫外線や乾燥に悩まされる夏肌をケアするには?


ごわごわ・ザラザラの夏肌をケアするなら、基本のお手入れに重点を!

夏は汗をかきやすく皮脂分泌が多くなるため、ベタつきやテカリの原因に。皮脂汚れや古い角質が蓄積されると角栓となり、毛穴がつまってごわごわ・ザラザラ肌の原因になってしまうことがあります。

さらに降り注ぐ紫外線により、メラニンが大量につくられてシミにつながったり、肌のコラーゲンやエラスチンを破壊してシワやたるみを引き起こしてしまうと言われています。それだけでなく、夏は冷房の効いた部屋にいることが多くなるため、汗が蒸散して肌の内部が乾燥してしまうインナードライ肌になりがち。

夏肌はとても過酷な状況に置かれているため、基本のお手入れに力を入れてケアしてあげることが大切なのです。

夏肌におすすめ!基本のスキンケアは?


ごわごわ・ザラザラの夏肌をケアするなら、基本のお手入れに重点を!

古い角質や皮脂などの汚れが肌の上に蓄積されていると、どんなに高い基礎化粧品を使っても肌にしっかり届けることができないことも。そのため、肌の表面に蓄積された角質をピーリングやゴマージュで取り除くことから始めましょう。

肌のくすみが気になるならジェルタイプなどのピーリングを、肌のごわごわやザラザラが気になるなら細かい粒子が入ったゴマージュを選択するのがおすすめです。乾いた肌に使うよりも、ホットタオルや入浴時に肌を温めて柔らかくした状態でピーリングやゴマージュを優しいタッチですると摩擦を軽減することができますよ。

さらに、洗顔後やピーリング・ゴマージュをした後には、化粧水の浸透を良くしてくれる導入美容液を先に使って、ふっくらと柔らかい肌作りに努めましょう。導入美容液は、次に使う基礎化粧品の通り道を作ってくれるので、ごわついた夏肌に最適と言われています。

そのあとは、サラッとした化粧水を2〜3回に分けて手のひらで馴染ませ、次にとろみのある化粧水をコットンに含ませてパックをしていきます。仕上げに乳液かクリームを薄く伸ばし、顔全体を包み込むようにハンドプレスをすれば完了です。

基本のスキンケアに力を入れてダメージを受けやすい夏肌を徹底ケア!


夏肌のケアのポイントは、ゴマージュやピーリングで古い角質を優しく取り除き、導入美容液でふっくら柔らかい肌の土台を作ってあげること。芯から潤わせることで、紫外線や乾燥などの夏のダメージから肌を守ることができるでしょう。

トラブルが起こりやすい夏肌を優しくケアして、潤いで満たしてあげてくださいね。