その日のメイクに合わせたクレンジングを選ぼう


間違えたメイククレンジングでシワやくすみの原因に…正しい方法は?

あらゆるクレンジングの種類がありますが、その日のメイクの濃さに合わせたクレンジングを選ぶことで肌への負担を軽減することができます。

ミネラルファンデーションしかつけていない肌に、洗浄力が強いオイルクレンジングを使うと乾燥して肌がつっぱってしまうこともありますよね。

リキッドファンデーションなどで完璧にカバーした濃いメイクのときに洗浄力が弱いローションタイプのクレンジングを使うと、メイク汚れが落としきれずに毛穴がつまってしまう可能性があります。まずは肌を傷めないクレンジングを選ぶことから始めていきましょう!

正しいクレンジング方法をおさらい


間違えたメイククレンジングでシワやくすみの原因に…正しい方法は?

クレンジング剤を使うとき、勿体無いからといって使用目安量よりも少なめに使っていませんか?クレンジング剤の量が少ないと、手と顔との間で摩擦がおきてシワの原因につながってしまうことも。そして、メイクを完全に落とすことができないと肌がくすみやすくなるので、目安量をしっかり守って使いましょう。

また、クレンジングを肌の上に長い時間つけると肌が急激に乾燥してしまうため、1分以内を目安にメイクを落としていくことも大切です。

クレンジングをし終えて洗い流すときには、パパッと2〜3回で済ませるのはNG。メイク汚れを浮かせたクレンジングをしっかりと洗い流すには、ぬるま湯で15〜20回はすすぎましょう。

さらに、夏になると毛穴が開くのが気になるからといって冷水を仕上げにかけてしまうと毛穴の奥の汚れがしっかり落ちない可能性があります。そのため、洗い流すときにはぬるま湯を使って優しくクレンジングを落としてくださいね。

正しいクレンジングでシワやくすみ知らずの肌へ


ついうっかり間違えやすいクレンジング方法。シワやくすみの原因にならないよう、正しいクレンジング方法で潤い肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?