頭皮マッサージの準備!頭皮のコリの原因は?


31457867

頭皮のコリということはよく聞きますが、正確に言うと頭皮の下の筋肉のコリのことを指します。頭皮の下の筋肉はいくつかに分けられます。
前頭筋という眉毛を動かす筋肉は、目を酷使することによって凝り固まってしまいます。
また、側頭筋といって下あごを閉じる筋肉は、噛み締めが深く影響していると言われています。日常的に歯を食いしばる癖があったり、噛み締めることが多いと凝り固まってしまいます。
そして後頭筋といって重い頭を支えたり動かしている筋肉は、首と共に頭を支えているため、姿勢が悪かったり、長時間同じ姿勢でいると凝り固まってしまいます。
つまり、頭皮のコリは「目の酷使」、「歯の食いしばり」、「姿勢の悪さ」が影響していると考えられます。
PCやスマホをよく使用する人は、頭皮が凝りやすい条件がそろってしまっているので注意が必要です。簡単に意識できる姿勢などは、気を使っていきたいですね。
そして頭皮のコリは実際に触ってみると、凝っているかどうかセルフチェックができます。チェックの方法はいくつかありますので、ご自分のやりやすい方法でチェックしてみてください。またセルフチェックをする際の注意点として、頭皮の柔軟性には個人差がありますので無理に動かそうとすると傷を作ってしまたり、痛みを伴ってしまう可能性があります。優しい力で、爪を立てずに指の腹を使ってチェックしてください。

【1】頭頂部をつまむ
親指と人差し指を使って頭のてっぺんをつまんでみましょう。つまめるけれども痛みが伴う場合や、全くつかめないといった場合は頭皮が凝り固まっている可能性があります。
【2】頭皮全体を触ってみる
頭皮の感触を確かめてみましょう。頭皮を軽く揉むようにしてみた時に、頭皮の下に筋肉があるという感触を感じることができるかを確かめます。全く分からない場合や、頭蓋骨に触っているような硬さがある場合は頭皮のコリが疑われます。
【3】頭皮を動かしてみる
最初に額を揉み、皮膚がどのくらい動くかの感触を確かめましょう。確認できたら両手の親指をこめかみに当てて、他の指を頭全体に当てて頭皮を前後左右に動かしてみましょう。その時に額を動かしたときの等に頭皮が動くかを確認します。コリがない場合は、額と同じように頭皮も動きます。頭皮が動かないようならば凝り固まってしまっている可能性があります。

頭皮マッサージをしないと老化を招く!?


30627554

●たるみやしわ
頭皮のコリというのは顔につながっている皮膚や筋肉のコリだと言えます。筋肉というのはチームで仕事をしているような感覚で、つながっている筋肉同士が引っ張り合ったり、力を補い合うことにより、部位ごとの役割を果たすことができています。そのため頭皮の筋肉がコリ固まってしまうとバランスを崩し、顔の筋肉も引っ張られて、バランスを崩してしまいます。その結果、顔のたるみやしわにつながってしまうと言われています。
特に気を付けたいのが側頭部のコリです。この側頭部のコリは直接目尻や頬のたるみに関係しています。また、筋肉のたるみは毛穴の開きも引き起こしてしまうため、顔全体の印象が老けたように感じられてしまいます。頭皮のコリを解消することはアンチエイジングにつながると言われています。しっかりケアしていきましょう。
●頭痛
頭皮のコリは頭痛にも大きく関係しています。頭痛には大きく分けて「緊張型頭痛」と「偏頭痛」の2種類があります。頭皮のコリは、どちらのタイプの頭痛にも関係していると言われています。
緊張型頭痛は、肩こりなどにより筋肉の中を通っている血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物がたまっていくことで起こると言われています。脳に最も近い頭の筋肉の中でも同様な事が起こっているので、それが原因で引き起こされることもあります。肩こりによる頭痛だと思ってマッサージやストレッチを行っても症状が改善されない場合は頭皮マッサージを行うことで症状改善につながる場合があります。
次に、偏頭痛です。この頭痛は原因不明で脳の血管が膨張してしまい、周囲の神経を圧迫してしまうことで引き起こされると言われています。
また、凝り固まり血流が悪くなっている頭皮は、老廃物や毒素を排出できずにむくみが起こってしまいます。そのむくみが頭部にある細かい神経を刺激・圧迫してしまい、ズキズキといった痛みを伴う頭痛を引き起こしてしまうのです。
頭皮のコリはなかなか気付くことができないため、解消されずにいる場合がとても多いです。頭痛の原因が頭皮のコリである可能性を知らずに、慢性的な頭痛持ちとなって悩まされることが多いようです。頭痛が続いてしまうと体の筋肉も硬くなり、首や肩のコリもどんどんひどくなってしまいます。このような悪循環を断ち切るためにも、頭皮のコリは日常から気にしていると良いでしょう。

●肌のくすみ
頭皮のコリは肌にも悪影響を及ぼします。コリは血流の悪さで引き起こされ、他の部分の血行不良をも引き起こしてしまいます。肌に必要な栄養素は血液によって運ばれていますが、血液やリンパの流れが悪くなると、肌には栄養が届かなくなり、老廃物も流れていかずに肌細胞に残ったままになってしまいます。そのため肌に悪影響が出てしまい、具体的にあげると、顔色が悪い、メイクノリが悪い、肌がくすむ、シミ、そばかすが増えるといった肌トラブルが引き起こされてしまうと言われています。

●抜け毛
頭皮のコリは髪質や抜け毛にも大きく関係してきます。髪の毛は、柔らかい頭皮の方が太く健康な髪が生えてくると言われています。
頭皮がコリによって血液の流れが悪くなると、髪にも栄養が行き届かなくなり、水分が無くなりパサパサとした髪質になってしまったり、ハリやコシの無い弱い髪になってしまいます。また、抜け毛、薄毛の原因にもなると言われています。

頭皮マッサージのやり方


27835356

●やり方
頭皮のコリをほぐすにはマッサージが効果的だと言われています。指の腹を使って優しくマッサージをしてあげることが大事です。頭皮マッサージには基本的には手順ややり方が明確に決まっているわけではありませんが、自分で頭皮を優しく押してみた時に、少し痛いと感じたところ、気持ちいいと感じる場所、硬く凝り固まっていると感じた場所などを中心にもみほぐしていくといいでしょう。
一例として頭皮全体をマッサージできる方法を紹介しますので、参考にしてみてください。
1. 両手の親指でこめかみを触ります。
2.頭頂部を覆うように親指以外の指を置き、手全体で円を描くように頭皮を引き上げるようにマッサージをしましょう。
3.親指以外の指を少しずつずらして、気になる部分をマッサージします。
一旦手を離し、次に手のひらでこめかみを押し、両手で頭を挟んで引き上げるようにします。
4.また手を離し、今度はこぶしを作り、第二関節部分をこめかみに当て、そのままグリグリと押して刺激します。
5.こぶしの第二関節部分を耳の下のくぼみに当て、同様にグリグリと刺激します。
耳と顎の境目を指の腹でマッサージして終了になります。
このマッサージ方法はあくまでも一例ですので、自分が気持ちいいと感じるように工夫してマッサージをすると良いでしょう。頭にはたくさんのツボがあるので、気持ちの良い場所を中心にマッサージしてみてはいかがでしょうか。

●ポイント
頭皮マッサージを行う時間は、入浴中や入浴後が適していると言われています。血流の循環がよくなっていることや、頭皮が傷つきにくい状態になっているからです。しかし、絶対にその時間にやらなければならないというものではありません。仕事中や家でリラックスしている時など、思いついた時にこまめに行うことが重要です。
その他注意点として、優しくマッサージをする、爪を立てないようにする、頭頂部に引き上げるようなイメージで行う、という点があるので、気を付けて行いましょう。
無理な力を加えると頭皮の筋肉はとても薄いために傷ついてしまいます。強く揉んだからといってコリがすぐに解消するわけではないので、気持ちよくなれるくらいの力加減で行うことが大事です。また、毎日こまめに行うことでマッサージの効果が得やすくなると言われています。その際に、爪を立てないように注意しましょう。
そして、マッサージを行う際には頭頂部に引き上げるイメージで行いましょう。顔に引き下げてしまうと顔のたるみやしわの原因になってしまう可能性もあります。頭皮と繋がっている顔の皮膚もリフトアップするようなイメージで行うと良いでしょう。

頭皮マッサージで育毛効果?間違ったやり方は逆効果に!


28670464

●注意点
1. 清潔な状態を心がける
頭皮マッサージの目的の一つとして、頭皮の汚れを取るということもあります。汚れた手でマッサージを行ってしまうと頭皮を汚してしまいかねないので逆効果です。マッサージ前には手をしっかり洗い、綺麗な状態にしてから行いましょう。
2. 爪を立てない
爪を立てた方が頭皮に圧をかけることができて効果的だと思いがちですが、皮膚を傷つけてしまう可能性があるためマッサージには逆効果です。爪は立てずに指の腹で肌を傷つけないように優しくマッサージしましょう。また、意図せずに爪が当たってしまう可能性もあるので、マッサージを行う前には爪を短く切っておくといいでしょう。
3. 適度な力加減でマッサージをする
頭皮は硬く感じることが多く、その下にある血管にマッサージ効果を届けようとすると強い力が必要だと思ってしまいますよね。しかし、それは間違いです。弱すぎる力だとマッサージ効果を得ることは難しいですが、適度な力で気持ちいいと感じられるくらいの力でマッサージを行うのが正しいやり方です。皮膚を傷めないように、適度な力でマッサージをすることが大事です。
4. 長時間行わない
マッサージは時間を掛ければ掛けるほど効果があらわれると思われがちですが、あまりに長い時間マッサージをしてしまうと、皮膚が傷んでしまうため、逆効果になってしまいます。適度なマッサージ時間は3分から5分位です。頭皮のコリが気になる方は、1度に長い時間行うのではなく、こまめにマッサージを行うと効果的でしょう。

●頭皮マッサージ効果
体調面では頭痛の解消、肩こりの解消、眼精疲労の解消などの効果を期待できます。頭がスッキリしたり、視界も広がって見えるように感じられるのではないでしょうか。
美容面では顔色がよくなる、肌トラブルが少なくなる、抜け毛が無くなる、髪の毛の質が良くなる効果を期待できます。肌や髪にハリがでてくるため、美容のトラブルが少なくなると言われています。
他にも集中力の向上や、リラックス効果、疲労回復、不眠の解消と言った効果も期待できます。美容院などで髪をいじってもらっていると眠くなってしまうことがありませんか?頭皮マッサージには副交感神経を刺激する効果があるので、リラックス効果が得られると言われています。そうしてリラックスできると、肩の力が抜けて集中力の向上や疲労回復などへの効果も期待できます。また、頭皮の血流がよくなると睡眠の質が上がりやすくなり、不眠の解消にもつながると言われています。

頭皮マッサージ機は効果あるの?


23619364

メリットとして、手が疲れることなくマッサージできるという点が挙げられます。
手で頭をキレイに洗浄しようとすると、手や指にずっと力を入れ続けなければならないため、疲れてしまいます。
頭皮マッサージ機を使うことでそのような手の疲れはほぼなくなるでしょう。
また、指では届かない毛穴の奥の汚れまで取ってくれます。頭皮マッサージ機は指では届かない毛穴の奥に詰まった皮脂もとることができます。毛穴に汚れが溜まっていると髪を作る細胞の働きが邪魔されてしまういますが、毛穴がキレイになることで良質な髪も生まれやすくなります。
デメリットとしては、炎症を引き起こす可能性があります。
頭皮マッサージ機を頭皮に強く押し当てたり、長時間の使用によって頭皮を傷つけてしまう場合があったり、頭皮の炎症は薄毛や抜け毛などを起こしてしまう可能性があったりするので、逆効果にならないように注意して扱いましょう。
また、頭皮の乾燥も気を付けなくてなりません。皮脂を必要以上に除去してしまうことで頭皮が乾燥してしまい、抜け毛などの症状を引き起こしてしまいます。使い過ぎには注意が必要です。
●パナソニックの頭皮エステがオススメ
パナソニックの頭皮エステは、誰にでもできる簡単な操作で、まるでサロンで施術を受けているような頭皮マッサージを受けられる商品です。もちろん汚れを落とす効果も期待できます。頭皮の血行を良くする効果にも期待が持てますよ。

最後に


29430543

頭皮のコリは自分ではなかなか見つけにくいものですよね。症状が出る前に、毎日の生活習慣の中に頭皮マッサージをいれると効果的だと思います。リラックスしたいなと思う時に少し頭を触ってみるということが習慣になれば、頭皮のコリがほぐれたり、リラックス効果も得られるかもしれません。ぜひ試してみてはいかがでしょうか!