ボブのセルフスタイリング講座 <ロングボブ向け!ふんわりボブ編>


「サロン風の仕上がり!」愛されボブのセルフスタイリング講座

ラフな毛流れが魅力的なロングボブ。しかし、手抜きをするとだらしない印象になりがちです。上品な雰囲気を演出するべく、メリハリのあるスタイリングを意識して髪に立体感をプラスしていきましょう。

1.髪が濡れた状態でトリートメントオイルを中間〜毛先に馴染ませていきます。
2.根元を起こすように、トップの内側からドライアーを当てていきます(空気を含ませるイメージで)。
3.前髪は前方向に1個、トップは後ろ側に2個分大きめのマジックカーラーを頭皮に対し垂直に巻きます。
4.カーラー全体にドライヤーの温風をあてます。
5.ワックスを毛先にもみこみ、手ぐしでクシャクシャしながら自然なカール感を出していきます。温風→冷風の順番でブローしましょう。
6.カーラーに熱が取れたら外し、手ぐしでふんわり空気を入れながら全体を崩していきます。
7.スプレーを全体的に軽く吹きかけ、毛先はふわふわとした軽やかな動きをイメージしながら手ぐしで整えます。

ふんわりとしたウェーブヘアの命は、なんといっても毛先のニュアンスです!できれば毛先部分につけるスタイリング剤は、エアリーなスタイルを実現しやすいワックスタイプのスプレーを使用することをおすすめします。

ボブのセルフスタイリング講座 <ドーリーな雰囲気がかわいい丸みボブ編>


「サロン風の仕上がり!」愛されボブのセルフスタイリング講座

一歩スタイリング方法を間違えると、「おかっぱ風ヘア」に見えがちな丸みボブ。美しいボブスタイルを作り上げていくには、裾の丸みを強調してあげることが大切です!その際、マジックカーラーを使うことで中央部分はストレート感を残しつつ裾だけ自然な内巻きに仕上げやすいそうです。コツさえ覚えれば非常に簡単な方法ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

1.髪が濡れた状態で洗い流さないタイプのトリートメントを塗布し、ヘアコームで全体的に馴染ませていきます。
2.ドライヤーを内側からあて、パラパラと髪をほぐしながらヘアドライします。
3.根元部分は手ぐしを左右に動かしながら乾かします。こうすることで分け目がつかず、自然な艶が出るそうです。
4.サイド〜バックは下を向きながら内側からドライヤーをあてます(根元から空気を含ませるように)。
5.内側が乾いたら表面もヘアドライし、手ぐしで全体をストレートにとかしながら冷風をあてます。
6.太めのマジックカーラーで毛先だけくるっと内側に1回転巻きます(床と平行になるよう巻くのがコツです)。
7.カーラー部分にドライヤーをあてていきます。温風〜冷風に何度か切り替えながらしっかり癖をつけていきましょう。
8.カーラーを外します。ワックスを手につけ、毛先のカールに空気を含ませながら薄く馴染ませていきます。
9.仕上げにカール部分にハードスプレーをかけ、手ぐしでふっくら丸くなるよう形を整えて完成です。


プロ並みのテクニックがなくてもスタイリングの手順やポイントをおさえたり、ヘアスタイルに合わせてカーラー・ワックスなどのアイテムを上手く活用したりすれば、エアリーなボブ〜丸みボブもしっかり再現しやすいでしょう。2017年後半期にイメチェンを考えてる女性は、この機会に愛されボブヘアーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?