便秘以外にも様々な悪影響が!「にぶり腸」とは?


便秘の原因に!腸の動きが鈍る「にぶり腸」を解消してお腹スッキリ

腸の動きが鈍くなってしまう状態のことを、「にぶり腸」と言います。腸は本来、非常に柔らかく、良く動くのですが、腸内環境が悪化することで動きが鈍くなりがちです。

健康な腸であれば、腸のぜん動運動によって便が排出されるのですが、腸内環境が悪くなると、大腸に溜まった便が腐敗して有害な物質が発生し、血液により全身へと運ばれてしまう可能性があります。そうなると、私たちの身体に、様々な悪影響を及ぼすのです。

「にぶり腸」になることで、以下の様な悪影響があるとされています。
■便秘・下痢
■肌荒れ
■老化
■免疫力の低下
■代謝の低下・太りやすくなる
■お腹の張り・腹痛
■肩こり・頭痛 など

美容・健康にとって、悪いことだらけというわけなんです。では、どうして「にぶり腸」の状態になってしまうのでしょうか?原因としては、以下のようなことが考えられます。
■運動不足
■不規則な生活(食事の時間がバラバラ・昼夜逆転の生活など)
■食事制限などによる栄養の偏り
■暴飲暴食
■排便やおならを我慢する
■ホルモンバランスの乱れ など

「にぶり腸」を改善しよう!簡単に出来る解消法とは?


便秘の原因に!腸の動きが鈍る「にぶり腸」を解消してお腹スッキリ

身体に様々な悪影響を及ぼす「にぶり腸」ですが、改善する為には「腸内環境」を整えてあげることが大切です。また「腸に刺激を与える」ことも、有効と言われています!

<食事で改善>
◎食物繊維が多い食材をたくさん摂る(こんにゃく・海藻類・ごぼう・キノコ類・穀類など)
※ただし、いきなり大量に摂らないでください!急に量を増やすと、逆に溜まってしまうことがある為、徐々に増やしましょう。
◎辛味・酸味・苦味のある食材を食べる
※腸が嫌がって、早く排出しようとしてくれます。
◎朝、起きた時に「冷たい水」を飲む
◎たんぱく質をしっかり摂る
◎「水分」をたっぷり摂る 
※便秘気味の方は、1日1500mlを目安に飲みましょう。

<ストレッチで改善>
「猫背」の場合、背中が丸まり、腸が圧迫される上に、筋肉が固まってしまうので、「にぶり腸」になりやすくなります。お腹をしっかり「伸ばす」ことが効果的です。

(1)足を肩幅程度に開き、楽に立つ
(2)頭の上で両手を組み、上に向かってゆっくり伸びる
※下っ腹・脇腹が伸びているのを確認してください。

<呼吸法>
「腹式呼吸」を行うことで、副交感神経を刺激し、腸のぜん動運動を促す効果が期待できます。

(1)お腹に手を当て、5秒かけて鼻から息を吸う
(2)10秒かけて、ゆっくり口から息を吐く
(3)この呼吸法を、10回程繰り返す

老化予防や美肌、痩せやすい身体作りの為にも、「腸内環境」を整えることは重要です。「にぶり腸」を解消し、便秘知らずのスッキリしたお腹を目指してみましょう!