うっかり日焼けしやすい手の甲は、シミにもなりやすい!


手の甲が日焼けしてしまったら、コットン・ ラップパックで美白ケア

顔は紫外線対策ができる化粧下地やファンデーションを塗って日焼けを防ぐこともできますが、手の甲は日焼け止めを塗っても水を使って流れたり、服などと擦れたりして落ちやすいなど、うっかり日焼けをしてしまいがち。

また、しっかり日焼け止め対策せずに運転をしたときなど、手の甲は紫外線ダメージを受けやすく、日焼けが蓄積されていくことで将来手の甲にシミができやすくなる可能性があります。手の甲にシミができると隠すことが難しいので、今のうちからしっかり美白ケアをしておくことが大切でしょう。

手の甲の美白ケアはコットン&ラップパックがおすすめ!


手の甲が日焼けしてしまったら、コットン・ ラップパックで美白ケア

美白ケアは紫外線を浴びた日だけでなく、毎日継続して行うことでより効果を発揮することができます。フェイスケアのついでに手の甲にも美白ケアを習慣付ければ継続してできるはずですよ。

まず、大きめのコットンにたっぷり美白化粧水を含ませて手のひらにペタペタ貼っていきます。手のひらで化粧水を付けるよりもコットンを使ったほうが均等に付けることができ、コットンパックをすることでより美白成分を手の甲に届けられるそうです。

3分ほど放置したらコットンを剥がして、顔用の美白美容液を手の甲に塗り込んでいきましょう。美白美容液を塗った上から手の甲サイズにカットしたラップをのせて再び3分放置することで、美白成分が浸透しやすくなるだけでなく、乾燥しやすい手の甲に保湿効果をもたらしてくれるでしょう。

ラップを剥がした後は、ハンドクリームを念入りに塗りこみながら指の先に向かってマッサージをして血流を促進させましょう。ハンドクリームが美白成分に蓋をして潤いを閉じ込めてくれますよ。

手の甲に日焼け止めを正しく塗って、紫外線対策も忘れずに


毎日美白ケアを続けることも大切ですが、日頃から手の甲に日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。手の甲は乾燥しやすいため、ハンドクリーム感覚で使える保湿力の高い日焼け止めがおすすめ。顔や身体よりも日焼け止めが落ちやすいので、手洗いするたび、もしくは、2〜3時間おきに塗り直すと効果的です。

手の甲に日焼け止めを塗るとベタつきが気になるという方は、日焼け止めの上から軽くベビーパウダーをのせるといいでしょう。将来手の甲にシミができないためにも、今のうちから対策を始めてみてくださいね!