夏は肌老化が加速する原因が沢山!あなたは大丈夫?


夏の女は5歳老ける!?  シートマスクの裏技で夏の肌老化をストップ!

夏の強い紫外線がお肌に及ぼすダメージは、みなさんもご存知の通りです。ところが「夏の紫外線対策はばっちり!」の状態でひと夏過ごしたはずなのに、夏の終わりに鏡を見てみたら「なんだか私老けてない?」と愕然としたことはありませんか?シミ、くすみ、たるみ、毛穴の開きと、人によって現れる肌老化のポイントは違っても、夏の終わりにぐっと老けて見えることは少なくないようです。

夏の肌老化の原因のひとつは乾燥です。「えっ?夏に乾燥?」と思う人も多いかもしれません。高温多湿の日本の夏ですが、屋内はエアコンによる肌乾燥が進みやすい環境にあるのです。暑い屋外で汗をかいた肌は冷房の効いた屋内に入った途端、一気に水分が蒸発して肌の表面は乾燥状態に。また、エアコンから吹き出す冷たい風は乾燥しているので、肌の水分だけではなく皮脂膜までも乾燥させてしまい肌本来がもつバリア機能がうまく働かなくなってしまうことがあるのです。

さらに夏の肌乾燥の問題は、その乾燥した状態に気付きにくいこと。屋内では乾燥していたお肌も、外に出たら汗や皮脂であっという間にしっとりベトベト。思わず手に取りたくなるのは、洗浄力の高い洗顔やさっぱりタイプの化粧水。これでは、お肌の乾燥はひどくなるばかりです。

ですから、暑い夏であっても日々のスキンケアに保湿をプラスすることで、肌老化をストップさせる効果が期待できるのです。

夏の肌老化をストップさせる、シートマスクの裏技!


夏の女は5歳老ける!?  シートマスクの裏技で夏の肌老化をストップ!

夏の肌老化をストップさせるためにオススメなのは、美容成分をたっぷりと含んだシートマスク。お肌の調子が悪いときや、デートの前日のスペシャルケアとして使っている人も多いかと思いますが、夏の肌老化のケアにもピッタリです。最近はデイリーケアに使えるコスパの高い優秀シートマスクも沢山売っていますので、週に一度と言わず毎日のスキンケアに取り入れてもいいでしょう。

ただし、使い方ひとつでその効果がぐんと変わっていきますので、基本的な注意事項と効果アップの裏技をお伝えします。

◎シートマスクの前にいつもの化粧水を忘れずに!
洗顔後のお肌にいきなりシートマスクをぺたっ!とつけていませんか?シートマスクは通常のお手入れにプラスするケアなので、必ず化粧水でお肌を整えてからシートマスクを使用しましょう。

◎長時間使用=効果アップ、ではありません!
シートマスクの美容成分が沢山浸透するようにとシートが乾燥するまでお肌につけたままにしている人はいませんか?それでは折角お肌に浸透した美容成分やお肌の水分がシートに戻ってしまったり、かぶれやかゆみなどの肌トラブルを招く原因となり逆効果です。必ず明記されている使用時間を守りましょう。

◎使用前に温めることで浸透力がアップ!
シートマスクは人肌程度に温めることで浸透力がアップします。一枚ずつ袋に入っているタイプのものであればそのまま、一枚ずつ袋に入っていなければジップロックなどの密閉袋へ入れ、入浴時にそのまま湯船に入れて使用すればいいですね。厳禁なのが電子レンジなどで温めること。温度が高すぎると壊れてしまう美容成分もありますので、あくまでも人肌程度を目安にしましょう。

◎その空いている部分は大丈夫?
シートマスクは目元、口元に穴が空いているものが多いと思います。でも、目元口元は一番スペシャルケアの必要な部分でもありますよね。ですから、目元口元にはアイクリームや乳液を塗ってからシートパックをするのが鉄則です。お忘れなく!

◎シートマスク使用後はどうしてる?
シートマスクを外したら、ペタペタもっちりなお肌の出来上がり。しかし、ここで満足してスキンケアを終わらせてはいけません。必ず普段使用している乳液やクリームなどで美容成分に蓋をしてあげましょう。


夏の終わりに泣かないために今からできるケアを積み重ねていきましょう!