意外と知らない?BBクリームとCCクリームの違いは?


BBクリームとCCクリームの違い、知ってる?夏のオススメはどっち!?

コスメコーナーに足を運ぶと「BBクリーム」と「CCクリーム」が目につくようになりました。同じブランドから二つのクリームが発売されていることも多く、どちらを手にしたら良いのか迷うこともしばしば。すっかり定番になったBBクリームと違って、CCクリームの役割や使い方が正直よく分からないという人もいると思います。それでは「BBクリーム」と「CCクリーム」二つのクリームの違いから。

◎「BBクリーム」
数年前の韓国コスメブームの中から登場したBBクリーム。UVケアや化粧下地、クリームファンデーションなどの機能がひとつになったオールインワンのクリームは、それまで複数のアイテムが必要だったベースメイクがBBクリームひとつでOK!という手軽さであっという間に定番アイテムになっていきました。
BBクリームの「BB」とは、「Blemish Balm」を省略したもので「Blemish=傷、欠点」を補うための軟膏という意味を持ち、本来はピーリングや手術などを行った肌を保護するために処方されていたものが、やがてメイクアイテムとして商品化されてきたものです。よって、欠点をカバーして美しくみせる機能が高いと言えます。

◎「CCクリーム」
CCクリームはメーカーによってその意味するものに多少差がありますが「CC」は「Care Control」「Control color」などを省略したもので、スキンケアと肌色補正をメイン機能にしたアイテムです。ですから、素肌を整えながら、本来の肌色をよりきれいに見せるベースメイク効果が期待できるアイテムです。

◎まとめ
BBクリームもCCクリームも複数のベースメイク機能を兼ね備えたオールインワンアイテムですが「何を重視するか」によってどちらを選ぶのかが変わってきますね。

【BBクリーム】ファンデーションとしてのカバー力重視
【CCクリーム】ナチュラルな仕上がりとスキンケア効果重視

夏にオススメなのはCCクリーム!


BBクリームとCCクリームの違い、知ってる?夏のオススメはどっち!?

BBクリームもCCクリームも多種多様な商品が発売されているので、メーカーによって含まれる成分や効能に差があるものの、一般的にはBBクリームよりもCCクリームには保湿成分が高かったりスキンケア効果を重視したものが多いようです。よって、紫外線のダメージや屋内の冷房でインナードライの進んだ夏肌にはCCクリームの方が適しています。

また、仕上がりも素肌をワントーンカラーアップしてナチュラルな素肌感を演出するCCクリームの方が暑い夏でも爽やかで瑞々しい印象を与えてくれるはずです。カバー力が気になる方は、部分的にコンシーラーやファンデーションを乗せるなどの一工夫をしてみるのもオススメです。

◎オススメアイテム「雪肌精 ホワイトCCクリーム」
筆者が愛用しているCCクリームは「雪肌精 ホワイトCCクリーム」です。美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの六つの機能が含まれているので手早く仕上げたい夏メイクにぴったり。シミなど気になる部分にはコンシーラーをオン。「雪肌精」シリーズなので美白効果にも期待しています。


どちらも便利で優秀なBBクリームとCCクリーム。その特徴をきちんと理解して、季節やお肌の状態に合わせて使いこなしていきましょう!